Rakuten infoseek

辞書

ライノタイプ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ライノタイプ
linotype
欧文用の鋳植機一種。 1900年頃にアメリカの O.マーゲンターラー発明完成したもの。和文の場合とは違い,欧文アルファベット 28文字とそのバリエーションにすぎない。そのため1文字ずつ鋳造するのではなく,活字母型を1行分操作して,1行分これに溶融地金を流し込み鋳造する方式をいい,この1行分ずつという意味から,ライノタイプの名称が生れた。操作方法はタイプライタと同じで,打鍵すると自動的に完成活字ができてくるもので,新聞社を中心に,欧米では広く普及している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ライノタイプ(Linotype)
欧文の自動活字鋳植機の一種の商品名。原稿に従ってキーを押すと、相当する母型が下りてきて整列し、1行分まとめて活字塊を鋳造するもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ライノタイプ【Linotype】
欧文活字を自動的に1行分鋳造する機械。いわゆる自動鋳植機の一種であるが,1字ずつ鋳造するモノタイプと違って1行分ずつ鋳造するのが特徴となっている。これとほとんど同じ機構のものにインタータイプIntertypeがあり,主として新聞・雑誌の組版に使用されるが,しだいに電算植字に移行する傾向にある。ライノタイプはドイツ生れのアメリカ人マーゲンターラーOttmar Mergenthaler(1854‐99)によって発明されたもので,1886年ニューヨーク・トリビューン新聞社で公開され,世界的センセーションを呼び起こした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ライノタイプ【Linotype】
欧文用鋳植機の一種。活字母型を一行分キーで打ち出し、これに活字合金を流し込んで、一行分の活字群の植字と鋳造を同時にするもの。商標名。 → モノタイプ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ライノタイプ
(Linotype) アメリカ製の鋳植機(ちゅうしょくき)の商標名。活字を一本ずつ鋳込むモノタイプに対し、活字母型を一行分ずつ集合させて、まとめて鋳込む型式の鋳植機。ライノ。
※大英游記(1908)〈杉村楚人冠〉本記「僕は、忌々しいが、日本にライノタイプ所かタイプライターもないと答へたが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライノタイプ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ライノタイプの関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門パリウンベルト1世義和団事変ケイロース酒井雄三郎ドールセントルイス・カージナルス耐火物ベルトルッチ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.