Rakuten infoseek

辞書

ライガー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ライガー
liger
食肉目ネコ科。ライオンと雌トラとの種間雑種。体にトラのような縞をもち,頭には雄ライオンのようなたてがみを生じる。親の種よりも体色は濃く,体は大きくなる傾向がみられる。ネコ科の種間雑種として,ほかにレオポンタイゴン (雄トラと雌ライオンの種間雑種) などがある。なお,これらの種間雑種は両種の習性の違いから,自然界で生れる可能性はほとんどない。すべて動物園での人工繁殖により生れたものであり,基本的に種間雑種は繁殖能力をもたない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ライガー(liger)
ライオンの雄とトラ(タイガー)の雌の交配による雑種。トラが雄の場合はタイゴン。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

らいがー【ライガー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ライガー【liger】
雄のライオンと雌のトラ(タイガー)の種間雑種。 → タイゴン

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ライガー
らいがー
liger
哺乳(ほにゅう)綱食肉目ネコ科の一代雑種。雄ライオンと雌トラとの間にできる。その逆に、雄トラと雌ライオンの間にできるのがタイゴンである。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ライガー
〘名〙 (liger lion と tiger の合成語) 雄のライオンと雌のトラの交配により、飼育下でつくられた雑種。ライオンよりやや大きく、体色はライオンに似るが褐色の縞がある。繁殖能力はない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライガー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ライガーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.