Rakuten infoseek

辞書

ヨーロッパ共同体【ヨーロッパきょうどうたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヨーロッパ共同体
ヨーロッパきょうどうたい
European Community; EC
ヨーロッパ経済共同体 EECヨーロッパ石炭鉄鋼共同体 ECSCヨーロッパ原子力共同体 EURATOMの3機関による地域経済統合体。 1967年6月ベルギーのブリュッセルで開かれた EEC理事会で採択され,同年7月1日に発足した。原加盟国はフランス,ドイツ (西ドイツ) ,イタリア,ベルギー,オランダ,ルクセンブルクの6ヵ国。 73年1月1日よりイギリス,アイルランドデンマークが,また 81年1月1日にギリシアが加盟し,さらに 86年1月1日にはポルトガル,スペインが加盟した。運営担当機関として次の5つがある。 (1) ヨーロッパ議会 (2) EC閣僚理事会 (3) ヨーロッパ共同体司法裁判所 (4) EC委員会 (5) ヨーロッパ共同体首脳会議。拡大された ECの課題は共通農業政策と通貨統合とされたが,ECの基本性格は関税同盟なので,加盟国内は関税ゼロ,域外諸国には共通関税が設定された。さらに域内の労働力移動の自由化,ヨーロッパ通貨制度 EMSの導入などを経て,92年末には「市場統合」を果した。 93年 11月,マーストリヒト条約の発効により,より発展した形としてヨーロッパ連合 EUとなっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ヨーロッパ‐きょうどうたい【ヨーロッパ共同体】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ヨーロッパきょうどうたい【ヨーロッパ共同体 European Communities】
ヨーロッパにおける三つの超国家的な地域統合機構であるヨーロッパ経済共同体(EEC),ヨーロッパ石炭鉄鋼共同体(ECSC),およびユーラトム(ヨーロッパ原子力共同体EURATOM)の総称。ECと略称するが,1992年のマーストリヒト条約によって誕生したヨーロッパ連合(EU)の一部となった。3共同体の立法機関である理事会と執行機関である委員会が,1965年4月に調印された融合条約によって,単一のEC理事会(通称は閣僚理事会)と単一のEC委員会に統一されることになり,67年7月1日を機に3共同体は機構的に統一され,以後ヨーロッパ共同体と呼ばれることになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ヨーロッパきょうどうたい【ヨーロッパ共同体】
EEC を中核として ECSC ・ユーラトムの三機関を統合した組織。1967年に原加盟国六か国で発足。73年イギリス・アイルランド・デンマーク、81年ギリシャ、86年スペイン・ポルトガルが加盟。93年にヨーロッパ連合( EU )に発展、その中核組織となる。 EC 。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヨーロッパ共同体
よーろっぱきょうどうたい
European Community
略称EC。第二次世界大戦後のヨーロッパを建て直すための地域統合機構であったヨーロッパ経済共同体(EEC)、ヨーロッパ石炭鉄鋼共同体(ECSC)、ヨーロッパ原子力共同体(EURATOM)の3機関を一本化した総称。EC憲法(ローマ条約)を改正したEC新憲法(マーストリヒト条約)が1992年調印、93年11月1日発効し、EC加盟12か国はEU(ヨーロッパ連合)となった。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ヨーロッパ‐きょうどうたい【ヨーロッパ共同体】
(European Community の訳語) ヨーロッパ経済共同体(EEC)、ヨーロッパ石炭鉄鋼共同体(ECSC)、ヨーロッパ原子力共同体(EURATOM)の総称。フランス、旧西ドイツ、イタリア、ベネルックス三国によるこれら三共同体の統合が実現したのは一九六七年で、七三年にはイギリス、デンマーク、アイルランドの三か国も加盟、拡大ECとなった。さらに八一年にギリシア、八六年にスペイン、ポルトガルが加盟。九三年には経済統合に加えて政治統合を目指すマーストリヒト条約が発効し、ヨーロッパ連合(EU)に発展。本部ブリュッセル。略称EC。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨーロッパ共同体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヨーロッパ共同体の関連情報

関連キーワード

ヨーロッパ経済共同体ローマ条約ヨーロッパ自由貿易連合ヨーロッパ自由貿易連合ヨーロッパ自由貿易連合ローマ条約ヨーロッパ連合ガット(GATT)ケネディ・ラウンドベネルックス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.