Rakuten infoseek

辞書

ヨハネ伝福音書【よはねでんふくいんしょ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヨハネ伝福音書
よはねでんふくいんしょ
『新約聖書』のなかの福音書の一つ。マタイ、マルコ、ルカの三つの福音書(共観福音書)と比較すると、用語、文体、内容などの点で大きな相違があり、この福音書の編集にあたってなんらかの資料が利用されたとしても、それは、共観福音書の資料とはかなり異なった性格のものであったと思われる。ここでもイエスの現世での活動が描かれているが、叙述は全体としてグノーシス主義の影響を受けた独自の神学によって大幅に潤色されている。福音書記者をゼベダイの子ヨハネIoannesとする説は、後の伝承に由来し、史学的には支持されない。執筆の時期は共観福音書よりも遅く1世紀末ごろ、場所は小アジアあるいはシリアと考えられる。[土屋 博]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨハネ伝福音書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヨハネ伝福音書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.