Rakuten infoseek

辞書

ヨハネス5世【ヨハネスごせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヨハネス5世
ヨハネスごせい
Johannes V Palaeologus
[生]1332
[没]1391.2.16.
ビザンチン皇帝 (在位 1341~76,79~91) 。ヨハンネス (ヨアンネス) 5世とも呼ばれる。父アンドロニクス3世の死後,9歳で登位。母アンナとカンタクゼヌス家のヨハネス (のちのヨハネス6世) の摂政下にあった。 1341年カンタクゼヌス家のヨハネスは反対皇帝を名のり,6年間の内乱後,47年共治帝となり実権を奪われたが,54年ベネチアと同盟してヨハネス6世の地位を剥奪,ようやく実権を掌握。対外的にはオスマン・トルコのバルカン侵入と定着が本格的となり 66,69年2度にわたり西ヨーロッパに東西両教会統一を条件に援助を求めたが,実効はないままに,71年にはマケドニアの宗主権をトルコに奪われた。 76年息子によって廃位され,投獄されたが,79年トルコの援助のもとに復位。首都コンスタンチノープルの防備を固めようとしたがトルコによって押えられ,87年にはテッサロニカもトルコ領となった。国内的には絶えざる宮廷の陰謀と不安な政情のうちにあり,91年マヌエル2世に帝位を譲位

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨハネス5世
ヨハネスごせい
Johannes V
[生]?. シリア?
[没]686.8.2. イタリア,ローマ
シリア出身とされる第82代教皇在位 685~686)。助祭だったときに,第3回コンスタンチノープル公会議(680~681)に出席する教皇使節団の一員として教皇アガト(在位 678~681)により派遣された。この会議ではキリスト単意説異端と結論づけられた。教皇ベネディクツス2世(在位 684~685)の後継者として 685年7月に登位した。勤勉で寛容な人柄が知られ,貧しい人々のために惜しみなく施しを行なった。在位中は健康状態が悪く,ほとんど功績を残していない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨハネス5世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヨハネス5世の関連情報

関連キーワード

雪村友梅山名氏清細川頼有細川頼有花山院師賢日野資朝正慶日野資朝南極大陸明徳の乱

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.