Rakuten infoseek

辞書

ヨハネス18世(19世)【ヨハネスじゅうはっせい[じゅうきゅうせい]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヨハネス18世(19世)
ヨハネスじゅうはっせい[じゅうきゅうせい]
Johannes XVIII (XIV)
[生]?. ローマ
[没]1009.6./1009.7. ローマ
ローマ出身の第141代教皇在位 1003~09)。本名 Fasano。先代の教皇ヨハネス17世(18世。在位 1003.6.~12.)と同様,当時ローマで権力を握っていた貴族ヨハネス・クスケンチウス3世の意向を受け選出された。ヨハネス17世(18世)よりもクレスケンチウス家と距離をおいていた。退位の理由は定かではなく,退位後まもなくローマのサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ聖堂修道院で死去した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨハネス18世(19世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヨハネス18世(19世)の関連情報

関連キーワード

リ朝リ・コン・ウアンムルーク・アッタワーイフ時代セルギウス4世新司法試験日本学生支援機構の奨学金後朱雀天皇政事要略蘇洵具平親王

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.