Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

ヨハネス14世【ヨハネスじゅうよんせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヨハネス14世
ヨハネスじゅうよんせい
Johannes XIV
[生]?. ロンバルディア,パビア
[没]984.8.20. ローマ
パビア出身の第136代教皇在位 983~984)。本名 Pietro Canepanova。パビアの司教だった 983年11月あるいは 12月,神聖ローマ皇帝オットー2世(在位 967~983)によって教皇に選ばれた。しかしオットー2世は聖職者とローマ市民のどちらの意見も聞かずに決定したため,反発したローマの有力貴族クレスケンチウス家は,オットー2世により追放されていた対立教皇ボニファチウス7世(在位 974,984~985)を擁立した。ヨハネス14世はローマのサンタンジェロ城閉され,餓死したか毒殺されたとされる。ヨハネス14世の現存する唯一の文書は,ベネベント公国(→ベネベント)のアロ大司教に宛てた教会改革に関する書簡である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨハネス14世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヨハネス14世の関連情報

関連キーワード

花山天皇アゼルウォルド円融天皇花山天皇ボニファチウス7世ヨハネス15世(16世)円融天皇聖徳太子伝暦境界

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.