Rakuten infoseek

辞書

ヨハネス[1世]

世界大百科事典 第2版

ヨハネス[1世]【Johannes I Tzimisces】
925‐976
ビザンティン帝国の皇帝。在位969‐976年。アルメニア出身の軍人貴族で,皇妃テオファノと共謀しニケフォロス2世を暗殺し即位。キエフのスビャトスラフ・イーゴレビチ公に占拠されていた旧ブルガリア王国領を取り戻してドナウ以南の地を帝国領とし(971),メソポタミア,シリア,パレスティナに遠征し,帝国領の拡大に成功した。オットー2世には姪のテオファノを降嫁させ,神聖ローマ帝国との決裂を避けた(972)。【和田 広】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ヨハネス[1世]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヨハネス[1世]の関連情報

関連キーワード

ハカム2世ヨハネス1世貞元サンチョ1世前蜀趙匡胤太宗(宋)趙匡胤太祖[宋]バーベンベルク朝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.