Rakuten infoseek

辞書

ヨハネによる福音書【ヨハネによるふくいんしょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヨハネによる福音書
ヨハネによるふくいんしょ
Kata Iōannēn; The Gospel According to John
新約聖書4福音書の一つ。最も遅く成立した。共観福音書とは内容的にほとんど共通したところがなく,「ヨハネ神学」ともいうべき独特の神学的態度がうかがえる。福音書は「初めにロゴスがあった,ロゴスは神とともにあった。ロゴスは神であった」との有名な言葉に始り,ロゴスの受肉としての光,父のひとり子についてのあかしのために現れたバプテスマのヨハネについての説明,ヨハネによる神の子イエスについてのあかし,ガリラヤカナにおける婚礼の宴での奇跡,ニコデモとの対話,ベテスダのシセの足なえや盲人の治癒,イエス自身のあかしについての説明,ラザロ復活,イエスの復活など,ほかにはない記事があるだけではなく,多くの事跡,しるしが神の子イエスのあかしとして,またキリスト教教理 (特に教会について) との有機的ないし象徴的連関において解説されている。また他の福音書に比べて生命や愛 (神の愛,キリストの愛,キリスト教徒の愛) が一層強調されており,愛の福音書とも呼ばれている。エイレナイオスは十二使徒の一人ゼベダイの子ヨハネを著者とするが確かでない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ヨハネによるふくいんしょ【ヨハネによる福音書】
新約聖書四福音書の第4書。「始めに言葉ありき」の有名なで始まる本書の特徴は、他の三福音書(共観福音書)と異なり、単なるイエスの伝記にとどまらず、神の真理(言葉)の人格化としてのイエス=キリスト論証にある。使徒ヨハネの作とされる。1世紀末に成立。ヨハネ福音書ヨハネ伝。→福音書

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ヨハネによるふくいんしょ【ヨハネによる福音書 Gospel according to John】
新約聖書の一つ。伝統的にゼベダイの子使徒ヨハネがエペソ(エフェソス)で書いたとされるが,最近の研究では匿名の著者により後1世紀末にパレスティナ・シリア地方で書かれたと考えられている。他の三つの正典福音書のいずれにも直接依存せず,一部独自の伝承を用いている。思想的にも独特で,とりわけキリスト論に関心を集中している。万物に先立ち神とともにあった〈ことば〉が〈受肉〉(1:14)して世に到来し,神を啓示し,十字架の上にその業(わざ)を〈完成〉した後,再び〈父〉のもとへと帰る(13:1,19:30)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ヨハネによるふくいんしょ【ヨハネによる福音書】
新約聖書第四書。四福音書の一つ。一世紀末に成立。ヨハネみずからがイエスと対話した形式で記した福音書。「始めに言葉ありき」の有名な句で始まる。ヨハネの三通の手紙や黙示録とともにヨハネ文書と総称される。ヨハネ伝。ヨハネ福音書。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨハネによる福音書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヨハネによる福音書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.