Rakuten infoseek

辞書

ユークリッド

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ユークリッド
Euclid
紀元前 300年頃のギリシアの数学者。ユークリッドはギリシア名エウクレイデス Eukleidēsの英語読みの名。生涯についてはほとんど不明であるが,プトレマイオス1世ソテルの頃,アレクサンドリアで活躍していたといわれる。 13巻から成る『原本』 (ストイケイア Stoicheia,英訳 Elements) の著者として有名であるが,『原本』はユークリッドの独創によって書かれたものではなく,先人たちのすぐれた業績を柱にし,ユークリッド自身の考えに従って全体を配列し,新しい証明を工夫して編集されたと考えられる。そこで用いられた厳密な演繹的論証体系は,2000年の長きにわたり,ヨーロッパにおいて合理的学問の典型と考えられ,『原本』は聖書に次いで多くの版を重ね,研究された書物となった。ユークリッドは,『原本』のほかにも,現存するものだけでも,『補助論』『 (図形の) 分割について』『光学』『天文現象』『音楽原論』などを書いている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユークリッド
Euclid
アメリカ合衆国,オハイオ州北部,エリー湖畔にある都市。クリーブランド大都市圏に含まれる。 1798年入植。農業が主であったが,1940年頃から工業が発達。小型輪転印刷機,鉄道機械,自動車と航空機部品などを産する。人口5万 4875 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ユークリッド(Euclid)
[前330ころ~前260ころ]ギリシャの数学者。プラトンに学び、アレクサンドリアで教育に従事。「ストイケイア」を著し、幾何学の祖とされる。現存する著はほかに「光学」「音程論」などがある。ギリシャ語名エウクレイデス。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ユークリッド【Euclid】
前300年ころ活躍したギリシアの数学者。ギリシア名エウクレイデスEukleidēs。生没年不詳。生涯については,はるか後年のパッポス(3世紀),ストバイオスStobaios,プロクロスProklos(Proclus)(いずれも5世紀)による断片的報告が知られているにすぎないが,それによるとおそらくアルキメデスペルゲアポロニオスより少し年長で,アレクサンドリアで活躍していたことがわかる。数学上の多くの著書を書き,その中で《ストイケイア》《デドメナ》《光学》《反射光学》《音楽原論》《天文現象論》はギリシア語原文が残存している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ユークリッド【Euclid】
〔エウクレイデス(Eukleidēs)の英語名〕 紀元前300年頃のギリシャの数学者。「ストイケイア(Stoikheia 幾何学原本)」一三巻を著してギリシャ数学を集大成し、幾何学を証明的学問に仕上げた。プトレマイオス一世に「幾何学に王道なし」と教えたという。他に「補助論」「図形分割論」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ユークリッド
ゆーくりっど
Euclid
生没年不詳。紀元前3世紀前半に活躍したギリシアの数学者、物理学者。ギリシア語読みではエウクレイデスEukleides。その経歴ははっきりしないが、プラトン学徒らしいことは確かで、その点からアテネのアカデメイアで研究したり、アリストテレスの学問に接した可能性は大いにありうる。そして、そののちはアレクサンドリアに移って著作活動を続けたと思われる。しかし、この都市にある学問の研究所ムセイオンとの関係は不明である。彼の人柄については、3世紀後半の数学者パッポスが、謙遜(けんそん)と他人への思いやりがあったと称賛し、抜け駆けをしたり、他人の発見を自分の発見にするようなことはけっしてしなかったと述べている。しかし無理解な門人には厳格だったらしい。たとえば5世紀の文人ストバイオスStobaiosによると、ユークリッドのもとで幾何学を学び始めたある男が、最初の定理を学んだとき、こんなことを勉強してどんな利益があるのかと彼に尋ねた。すると彼は奴隷をよんで、「あの男は勉強したからにはどうしても金もうけがしたいらしいから、3オボロス(貨幣単位)やってくれ」といったという。
 彼の代表的著書は『ストイケイア』Stoikheia(『幾何学原本』『原論』などと訳す)13巻である。彼のことを名前でなく「ストイケイアの著者」ho stoikheiotesとよんで通用したし、ユークリッドと幾何学とは同意語になったほどである。ユークリッドの現存している著書には、そのほかに、平面幾何学を扱った『補助論』Dedomena、アラビア語を通じて伝わっている『図形の分割について』Deridiaireseon biblion、『光学』Optika(物が見えるのは、光線が目から発し、見られる物体に突き当たると仮定している)、『音程論』Katatome、『和声学入門』Eisagoge harmorikeなどがある。[平田 寛]
『中村幸四郎他訳『ユークリッド原論』(1972/追補版2011・共立出版) ▽T・L・ヒース著、平田寛他訳『ギリシア数学史 』(1959/復刻版1998・共立出版) ▽中村幸四郎著『ユークリッド』(1978・玉川大学出版部)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ユークリッド
(Euclid) 古代ギリシアの数学者エウクレイデスの英語名。幾何学の祖。有名な「幾何学原本」を書いて、ユークリッド幾何学を体系化した。「デドメナ」ほか著書多数。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユークリッド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ユークリッドの関連情報

関連キーワード

エアバス日経300先物取引重複保険ブタ勘合貿易遣明船(年表)電波ティカル遺跡モンテアルバン遺跡児童買春児童ポルノ処罰法漕運

他サービスで検索

「ユークリッド」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.