Rakuten infoseek

辞書

ユング・シュティリング

世界大百科事典 第2版

ユング・シュティリング【Johann Heinrich Jung‐Stilling】
1740‐1817
ドイツの敬虔主義者,眼科医,財政学者。本名ユングJohann Heinrich Jung。人生に絶えざる神の導きを認めた《自伝》6巻(1777‐1817)の第1巻は,ゲーテの賞賛するところとなり,小説《郷愁》(1794‐97)は,宗教的覚醒運動に影響を与えた。夢や予言に関心を抱き,《心霊学の理論》(1808)などを書く。ロシアのアレクサンドル1世らと親交を結ぶと同時に,無料の白内障手術で貧しい人を助けた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ユング・シュティリング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ユング・シュティリングの関連情報

関連キーワード

フリードリヒ(2世)(プロイセン国王)ビバルディマリア・テレジア市川団蔵マリア・テレジアフリードリヒウィルヘルムイワン6世シュレジエン戦争セルゲルマリア・テレジア

他サービスで検索

「ユング・シュティリング」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.