Rakuten infoseek

辞書

ユカタン半島【ユカタンはんとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ユカタン半島
ユカタンはんとう
Península de Yucatán
南北アメリカ大陸を結ぶ地峡部の北岸から北東方向へ突出している半島。西のメキシコ湾と東のカリブ海を分け,北東端はユカタン海峡に面する。長さ約 600km,幅約 300km。大部分はメキシコ領であるが,南東部はグアテマラベリーズに属する。ほぼ全域が乾燥した薄い土壌におおわれるさんご質および多孔質の石灰岩から成り,南に向って次第に高まる低い台地を形成。降水は大部分地下水となり,表面流は少いが,降水により石灰岩が溶けたところにセノーテと呼ばれる天然の井戸ができている。北西部は高温で乾燥しているが,南および東へ向うにつれてより温潤となり,植生も低木疎林からマホガニー,サポジラ (アカテツ科の常緑高木) ,ロッグウッドなどの森林に変る。古くからマヤパンと呼ばれ,マヤ文明の繁栄した地であるが,16世紀なかば以降スペインの植民地となった。しかし副王領のなかでは遠隔の僻地にあたり,その後植民地時代を通じてほとんど重要性をもたなかった。 16世紀前半スペイン人が初めてやってきた頃にはマヤ族の都市の一部はすでに廃虚となっていたが,チチェン・イツァ,ウシュマルトゥルムなどにはまだマヤ族が住んでおり,これらマヤ族を中心としたインディオはその後長くスペイン支配に抵抗,現在東部のキンタナロー州を中心に住む。主産業は農業で,トウモロコシ,サトウキビ,タバコ,ワタ,コーヒー,ヘネケン (繊維植物) などを栽培。ほかに林業,チクル (サポジラなどから採取するチューインガムの原料) 生産,ハンモック製造なども行われ,数ヵ所で石油が発見されている。また多数のマヤ遺跡があるほか,沿岸には魚釣り,海水浴の適地が多く,近年観光業が発展。北西岸沿いにカンペチェメリダなどを経て鉄道と幹線道路が通り,東岸のチェトゥマルにいたる半島横断道路がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ユカタン‐はんとう〔‐ハンタウ〕【ユカタン半島】
Yucatán》中央アメリカ東部の半島。メキシコ湾カリブ海とを分かつ。大部分はメキシコに、一部はグアテマラベリーズに属する。マヤ文明の地で遺跡が多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ユカタンはんとう【ユカタン半島 Península de Yucatán】
メキシコ南東部,メキシコ湾に突出する半島。面積約18万km2。メキシコ湾とカリブ海とを分ける。北部はメキシコのカンペチェ州,ユカタン州,キンタナ・ロー州,南部はベリーズ,グアテマラのペテン州に属している。この半島は,南東部のマヤ山地付近を除けば,石灰岩の水平な地層で形成され,大部分が標高150m以下のゆるい起伏のある平たん地よりなっている。北西部は比較的降水量が少なく,灌木林と草地が多いが,南東に向かうにつれて降水量が増加し,熱帯林が繁茂する地域となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ユカタンはんとう【ユカタン半島】
〔Yucatán〕 メキシコの南東部、メキシコ湾とカリブ海との間に突き出た半島。大部分は森林地帯。マヤ文明の遺跡が多い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ユカタン半島
ゆかたんはんとう
Yucatn Peninsula
メキシコ東部にあり、メキシコ湾とカリブ海を分ける半島。大部分はメキシコ領ユカタン州、カンペチェ州、キンタナ・ロー州であり、南部はベリーズとグアテマラに属する。面積は18万平方キロメートル。低平な石灰岩地域で、地表を流れる河川は少なく、地下に浸透した雨水が巨大な鍾乳洞(しょうにゅうどう)をつくりマヤの遺物を残していた所もある。セノーテとよばれる天然の井戸は貴重で、チチェン・イツァー遺跡のセノーテは有名である。北西部は雑木林が広がるが、南東に行くにつれ熱帯雨林となっている。沿岸にはサンゴ礁の島が多く、コスメル島、ムヘレス島、カンクンなどはレジャー基地で、マイアミやメキシコ市と直行便で結ばれている。マヤ文明の地で遺跡が多く、ピラミッドや天文台などが観光資源となっている。19世紀末ごろからヘネケンが風車で揚水して栽培されており、サイザル麻としてユカタン州の州都メリダで集散され、シサル港より輸出される。また、バスケット、ハンモックなどの民芸品に加工され販売される。[高木秀樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ユカタン‐はんとう ‥ハンタウ【ユカタン半島】
(ユカタンはYucatán) 中央アメリカ中部、メキシコ湾とカリブ海の間に突き出た半島。大部分はメキシコ領で、南東部をグアテマラ、ベリーズが占める。北西部でサイザル麻を栽培する。マヤ文明の発祥地

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユカタン半島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ユカタン半島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.