Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

ヤージュニャバルキヤ

世界大百科事典 第2版

ヤージュニャバルキヤ【Yājñavalkya】
古代インドの哲人で,ウッダーラカ・アールニの弟子と伝えられる。生没年不詳。《ブリハッド・アーラニヤカ・ウパニシャッド》などの初期のウパニシャッドに登場する。彼の哲学説の中心はアートマン(自己の本体)論である。彼によれば,この世界はすべてアートマンにほかならない。ところが,アートマンは純粋に認識の主体であり,決して対象にはなりえない。したがってそれは把捉も表現も不可能であり,あえて表現するとしても,〈そうではない,そうではない〉と否定的にしか表現できない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヤージュニャバルキヤ
やーじゅにゃばるきや
Yājñavalkya

生没年不詳。インド哲学、ウパニシャッドにおいてもっとも有名な思想家。ほぼ紀元前750~前700年の人。『ヤジュル・ベーダ』の一種である「白ヤジュル・ベーダ」の祖であり、ベーダ聖典中の記述から、ヤージュニャバルキヤ二人説、三人説がある。絶対者アートマン(我(が))は否定的名辞によってのみ説明されうるものであるが、アートマンの認識はすべてのものの認識につながる。死後には、人間の識別作用は存することはない。そしてアートマンへの帰入こそ不死であるというのが彼の学説である。なお、彼の哲学説はジャイナ教の古い文献にも触れられている。

[松濤誠達 2018年5月21日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤージュニャバルキヤ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヤージュニャバルキヤの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.