Rakuten infoseek

辞書

ヤコブ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヤコブ
Ja'acōb; Jacob
旧約聖書中の人物。イスラエルともいい,イスラエル民族のイサクラバンの妹リベカの子。ヤコブはイサクに愛されていた双生児の兄エサウから長子権を譲り受け (創世記 25・24~34) ,また彼を偏愛した母の策略に従って父を欺いて「もろもろの民はあなたに仕える」との祝福を受けた (同 27・1~29) 。さらに兄の復讐を避けるため母の故国ハランに逃れる途次ベテルにおいて夢のなかで神の祝福を受け,目ざめてのちアブラハム,イサクの神と同じ神をみずからの神とする誓いを立て,神の賜物の 10分の1を神に捧げることを約した (同 28・10~22) 。ハランにおいて彼はラバンの娘レアラケル姉妹と結婚,その子らはイスラエルの部族祖先となった。ヤボクの渡しで神と組打ちをしたことからイスラエル (「神と競う」「神が支配する」の意) と改名 (同 32・28) ,のち彼は飢饉のため食糧を求めてエジプトへおもむいたが,そこで国の司となっていた子ヨセフと再会して幸福な晩年を過した。遺言に従ってカナンのコムレ東方マクペラの墓地に葬られたという (同 49~50章) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ヤコブ(Jacobus)
旧約聖書中の族長の一人。イサクの子。双子の兄エサウを欺(あざむ)いて長子権を奪った。神の使いと組み打ちして祝福を受け、イスラエル(神が支配する)の名を与えられた。12人の息子はイスラエル十二部族の祖となった。
イエス十二使徒の一人。ゼベダイの子。使徒ヨハネの兄。大ヤコブ。
イエスの十二使徒の一人。アルパヨの子。小ヤコブ。
イエスの弟または従兄弟エルサレム教会の指導者となる。「ヤコブの手紙」の筆者とされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ヤコブ【James】
十二使徒の一人で,ゼベダイの子,福音書記者ヨハネの兄弟。〈大ヤコブ〉〈年長のヤコブ〉ともいう。44年ころ,ヘロデ・アグリッパ迫害によりパレスティナ殉教(《使徒行伝》12:2)。スペインに伝道し,数々の奇跡を起こしたとの伝説がある。9世紀初頭に遺骨が発見されたというスペインのサンチアゴ・デ・コンポステラ(サンチアゴは,スペイン語で〈聖ヤコブ〉の意)は,今日なお巡礼地として名高い。同地は中世には,帽子などにホタテガイの殻をつけた巡礼が西欧各地から集まり,キリスト三大巡礼地の一つとして栄えた(なお,今日でもフランス語でホタテガイをcoquille Saint‐Jacques(聖ヤコブの貝)と呼ぶ)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ヤコブ【Jacob】
古代イスラエルの族長の一人(《創世記》25~36ほか)。〈ヤコブ物語〉の形成過程でイサクの子とされ,またイスラエル12部族の名祖(なおや)であるユダヨセフベニヤミンなど12人の息子と娘ディナの父。民族の名祖として,イスラエルIsraelとも呼ばれた。ヤコブ伝承は中部パレスティナおよび東方を舞台として,多彩な物語的展開を示す。ヤコブは双生児の兄エサウ空腹につけ込んで一杯の煮豆と引替えに長子権を手放させ,また眼のかすんだ父をだまして,長子エサウに与えられるはずの祝福を奪い,彼の報復を逃れて母方の親族アラム人ラバンのもとに身を寄せるが,両者の間でかけひきとだまし合いがなされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ヤコブ【James】
1世紀半ばのイエスの兄弟の一人で,初期エルサレム教会の指導者。イエスの存命中には母マリアと同様彼の宣教に対して無理解で批判的であった(《マルコによる福音書》3:21,31)が,教会の伝承はこのヤコブに復活のイエスは現れたとしており(パウロの《コリント人への第1の手紙》15:7),それを契機にして原始キリスト教団に加わったと思われる(《使徒行伝》1:14)。その後イエスの兄弟ということもあってか,教会の中心的指導者となり,ペテロがエルサレムを去った後(《使徒行伝》12:17)には,エルサレム教会の実権を握った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ヤコブ【Jacob】
旧約聖書中の族長の一。イサクの子。双子の兄エサウをだまして長子権をうばう。天使と格闘して敗れたが、神の祝福を受けイスラエルと改名。一二人の息子たちはイスラエル十二部族の祖とされる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤコブ【Iakōbos】
ヤコボとも
イエスの十二弟子の一。元ガリラヤの漁師。ゼベダイの子。ヨハネの兄弟。ヘロデ・アグリッパによって殺された。大ヤコブ。年長のヤコブ。
イエスの十二弟子の一。父はアルパヨ。小ヤコブ。
イエスの兄弟。イエスの死後、福音を理解して初期のエルサレム教会の指導者の一人となった。主の兄弟ヤコブ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ヤコブ
(Jacobus)
[一] イスラエル民族の始祖。イサクとリベカの間に生まれた双生児の一人でエサウの弟。兄から食物と引換えに長子権を得、のち神的体験によりイスラエルと改名。彼を太祖として一二人の子がイスラエル十二部族を構成した。
[二] イエスの兄弟。イエスの死後信仰にはいり、ペテロやパウロとともに教会の最初の中心人物の一人となった。「ヤコブの手紙(ヤコブ書)」の筆者ともいわれる。
[三] 十二使徒の一人。ゼベダイの子。もと漁夫で、使徒ヨハネの兄。イエスの最初の弟子の一人となり、殉教。大ヤコブともいわれる。
[四] 十二使徒の一人。アルパヨの子。エルサレムの最初の司教となり、のち殉教。小ヤコブともいわれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤコブ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヤコブの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.