Rakuten infoseek

辞書

ヤク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヤク
Bos grunniens; yak
偶蹄目ウシ科。体長 2.9m,体高 2m,体重 500kg内外。体は黒い長毛でおおわれ,長毛は蹄 (ひづめ) のあたりまで達するほど長く伸びる。角も長く,1mほどにもなる。チベット標高 6000mぐらいの高地群れをつくってすむ。寒さに強く,冬になると風をよけるため谷間に移動する。一部は家畜化され,労役用,毛皮用,乳用肉用として使われている。野生のものの数は少く,国際保護動物に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ヤク(yak)
ウシ科の哺乳類。肩高1.5~2メートル。雌雄とも角があり、体の下面および尾に長毛が密生し、ふつう黒褐色。チベットからヒマラヤ山脈にかけての高地にすむが、野生のものはきわめて少ない。古くから家畜化され、荷役用・乳用。糞(ふん)は燃料に利用される。犛牛(りぎゅう・ぼうぎゅう)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ヤク【yak】
体が長毛でおおわれた大型のヤギュウ(イラスト)。偶蹄目ウシ科の哺乳類。チベットとヒマラヤ,中国西部の高地に分布。は体長3.25mに達し,肩高2mを超すものもあり,体重は1000kgほどだが,は小型で体重は雄の1/3くらいである。体をおおう長毛は黒褐色で,角も黒い。高山生で,夏は万年雪のある標高6100mあたりまで姿をみせるが,その他の時期は下方で生活する。雌と子は大きな群れをつくるが,雄は単独かあるいは12頭くらいまでの小群でいて,それぞれ別々に行動し,種々の草や地衣類を食べる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ヤク【yak】
ウシ科の哺乳類。肩高1.8メートル 内外。ウシに似るが、肩が隆起し、体側から腹面にかけて非常に長い毛が生え、尾にも長毛がある。雌雄とも角をもつ。野生種は黒茶色だが、家畜化されたものはさまざま。肉・乳を利用し、運搬用に使う。野生種はチベットと中国西部の4000メートルをこえる高地に分布し、草や地衣類を食う。犛牛りぎゆう・ぼうぎゆう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヤク
やく
yak
[学]Bos grunniens
哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。カシミールのラダック県、チベット、甘粛(かんしゅく)省の海抜4000~6000メートルの山岳地帯に生息する。雄は体長2.5~3メートル、肩高1.6~2メートル、尾長80~100センチメートル、体重800キログラムと大きいが、雌では体長2~2.2メートル、肩高1.5メートル、尾長60~70センチメートル、体重300~350キログラムと小さい。雌雄ともに角(つの)があり、雄の角は黒色で長さ80~90センチメートル、雌では小さい。肩は隆起しているが、背はほぼ平らで、体の下面と側腹には50~60センチメートルに及ぶ長毛が密生し、尾のほとんどにも長毛が生えている。体色は、雄は黒褐色ないし暗褐色、雌ではやや淡色を示す。家畜化したものは野生種より小形で、体色も赤、褐色、黒、白、斑(はん)などさまざまである。山岳地帯に群れをなしてすむが、雄と、雌および若獣は別の群れをつくる。日中は斜面で休息し、早朝と夕刻に草などの植物質をあさる。繁殖期は6~11月、255~300日の妊娠期間を経て、1産1子を産む。家畜種は運搬用、毛用、肉用、乳用などに用いられる。[中川志郎]

民俗

野生の黒褐色のヤクは神聖視された。儀礼的に行われるヤクの踊りでは、ヤクは神聖な山の神を表す。ボン教の経典でも、野生のヤクを土地の主とし、天幕をつくるためにヤクの毛をむしったので、土地の主の憎しみを招いたという伝えを記す。家畜のヤクは、荷役に使うほか、犂(すき)を引かせて耕耘(こううん)にも用いる。チベットでは、土地の広さはヤクの耕耘の量で示される。乳用としてもヤクは重要である。そのほか、乾燥させた糞(ふん)は炊事の燃料、毛皮は衣服に利用する。シェルパの人々は、角(つの)はチョルテン(堆石(たいせき)塚)に供える。チョルテンには、死者の名を記した紙を納めてあり、おそらくはヤクの霊もともに供養するのであろう。[小島瓔

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ヤク
〘名〙 (yak) ウシ科の哺乳類。肩高約一・五~二メートル。ウシに似ているが体の下面に長毛がたれる。雌雄とも上方に湾曲した角をもつ。野生種の毛色は黒褐色で、家畜化したものには黒白斑・白色などもある。チベット高原やヒマラヤ地方の原産で、野生種は標高四五〇〇~六五〇〇メートルの高山の草原にすむ。原産地では役用・食用・乳用とし、毛は衣服に利用。こぶ牛などとの間に雑種もある。犛牛(りぎゅう)。ぼうぎゅう。〔外来語辞典(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヤクの関連情報

他サービスで検索

「ヤク」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.