Rakuten infoseek

辞書

モーニングカット

デジタル大辞泉

モーニング‐カット(morning cut)
スラックスの裾(すそ)を後ろ斜め下へカットしたもの。モーニングコートズボン裾がこの形をしているところからの名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結婚式・ウェディング用語集

モーニングカット
モーニングカット(morning cut)とは、ズボンの裾のカットのひとつです。甲からかかとにかけて、後ろ斜め下にカットしたもので、シルエットを美しく見せることができます。一般的に前後の高低差は1.5~2cm程度となっています。シルエットが美しく見えるだけでなく、足が長く見える効果もあります。このモーニングカットは、主に礼装用のズボンに用いられるカット法ですが、70年代に流行したベルボトムのジーンズにもよく見られました。このモーニングカットという言葉の語源は、モーニングコートのズボンの型と同じであることだといわれています。モーニングカットという言葉は通称で、正式にはアングルボトムと言います。

出典:ウェディングプリンセス
©2005-2010 Wedding Princess All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モーニングカット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モーニングカットの関連情報

他サービスで検索

「モーニングカット」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.