Rakuten infoseek

辞書

モーズリー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モーズリー
Moseley, Henry Gwyn Jeffreys
[生]1887.11.23. ドーセット,ウェイマス
[没]1915.8.10. トルコ,ゲリボル
イギリスの物理学者。オックスフォード大学に学び,マンチェスター大学の講師となる (1910) 。 E.ラザフォードについて放射能を研究していたが,X線分光学の研究に転じ,諸元素の特性X線の波長の測定,比較から,1913年モーズリーの法則を発見,元素分析に画期的な方法を提供した。第1次世界大戦で戦死。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

モーズリー(Henry Gwyn Jeffreys Moseley)
[1887~1915]英国の物理学者。X線分光学を開拓し、元素に固有な特性X線波長を測定してモーズリーの法則を発見、原子番号の決定方法を与えた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

モーズリー【Henry Gwyn Jeffreys Moseley】
1887‐1915
イギリスの物理学者。ドーセットシャーのウェーマスの生れ。オックスフォードのトリニティ・カレッジで物理学を学び,1910年の秋マンチェスター大学のE.ラザフォードを訪ね,学生実験の助手職を得た。ラザフォードのもとで,ラジウムB(214Pb)やラジウムC(214Bi)の1個の原子から放出されるβ粒子数を決定するための研究を行い,放射性物質や放射線の扱いを学んだ。12年の秋からは特別研究員制度の適用をうけて研究に専念,同年M.vonラウエによる結晶のX線回折の成功の知らせをきき,これを契機としてX線の波動性の研究を開始した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

モーズリー【Henry Gwyn Jeffreys Moseley】
1887~1915) イギリスの実験物理学者。 X 線分光学の開拓者。1913年、元素が放出する特性 X 線の波長測定から、その振動数の平方根が元素の原子番号に比例するというモーズリーの法則を発見した。第一次大戦で戦死。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モーズリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モーズリーの関連情報

関連キーワード

東京芸術大学120周年国民之友雑誌新島襄ピッツバーグ・パイレーツ[各個指定]芸能部門巨文島事件三大事件建白運動地中海協商

他サービスで検索

「モーズリー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.