Rakuten infoseek

辞書

モーズリーの法則【モーズリーのほうそく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モーズリーの法則
モーズリーのほうそく
Moseley's law
種々の元素特性X線波長λは,その原子番号 Z との間に λ=c/A2(ZB)2 の関係があるという法則。 AB は特性X線の各系列に特有な定数,c は光速度である。 1913年に H.モーズリーにより実験的に見出された。この法則により各系列の特性X線は軽元素ほど波長が長いことがわかる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

モーズリー‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【モーズリーの法則】
元素に固有な特性X線の振動数の平方根は、それを放出する元素の原子番号に比例するという法則。1913年にモーズリーが発見。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

モーズリーのほうそく【モーズリーの法則 Moseley’s law】
元素の特性X線の波数(波長の逆数)と原子番号の関係を与える法則。種々の元素について特性X線中の対応するスペクトル線に着目すると,波数kと原子番号Zとの間に,の関係が成り立つというものである。ここでKsはスペクトル線の種類によって決まる定数である。1913年H.G.J.モーズリーが実験的に見いだしたもので,N.H.D.ボーアの原子模型に理論的な根拠を与えるとともに,原子核の周囲の電子構造解明の手がかりを与え,元素の周期律表は原子量よりも原子番号によって整理されるべきもの,いいかえれば原子番号のほうがより基本的な量であることを明らかにした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

モーズリーの法則
もーずりーのほうそく
X線には連続X線と固有X線(特性X線)とがあるが、この固有X線の波長λの逆数の平方根は、固有X線が放出されるターゲット(対陰極)物質の原子番号Zに比例する。すなわち

となる。イギリスの物理学者H・G・J・モーズリーが1913年にみいだしたので、これをモーズリーの法則という。このことは、水素原子に対するボーアの原子モデルで説明することができる。それによるとnmを任意の整数として

となる。ここにRはリュードベリ定数である。ところが、詳しく実験してみると、

Zに比例するというのは正確でないことがわかる。は、

を縦軸に、Zを横軸にとったものである。これによって

Zに比例しないことがわかる。むしろ、

の形に書ける。ここにKsは定数である。つまり、

Zに正比例するのではなく、Zの一次関数となるわけである。これは、原子番号が大きくなると、ボーアの原子モデルが修正を受けることを意味する。原子内電子は原子核のみの力を受けるのではなく、原子内の他の電子からも力を受けるはずである。このため定数sが導入される。[大槻義彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

モーズリーの法則
モーズリーノホウソク
Moseley's law

種々の元素の特性X線の相当した系列の線の波数の平方根は,元素の原子番号Zとともに直線的に増加するという法則.1913年,H.G.J. Moseley(モーズリー)が見いだした.一般に,

a(Z - σ)

であり,ここで,aおよびσはその系列の線に特有の定数である.たとえば,Kα 線についてはσ = 1でAl(Z = 13)からAg(Z = 47),Lα 線ではσ = 7.4でZr(Z = 40)からAu(Z = 79)にわたってよい直線関係を与える.直線の傾斜を与えるaの値はK,L,…系列の順に小さくなる.この法則は,古典的な原子構造の電子殻模型である程度説明することができる.Zに対して目盛った直線はモーズリーの直線ともいわれ,その直線上の欠けた点から当時未知であった元素の発見にも役立った.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モーズリーの法則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モーズリーの法則の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.