Rakuten infoseek

辞書

モンパルナス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モンパルナス
Montparnasse
フランス北部,パリのセーヌ川左岸,モンパルナス墓地周辺,第 14区に属する地区。 19世紀後半以降,モンマルトルと並んでエコール・ド・パリの画家たちの多くがアトリエを構えた。特に 1910~30年頃,モンパルナス大通り界隈には芸術家,文筆家などが寄集って,新時代の芸術文化を生み出す活気のある雰囲気をかもしだした。現在はかつてのはなやかさはないが,美術学校や画廊が多く,依然としてパリの由緒ある芸術上の中心地となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

モンパルナス(Montparnasse)
パリ南部、セーヌ川左岸にある地区。第一次大戦後、文人・美術家たちが集まり、芸術の中心地となった。もと、ギリシャのパルナソスの名をつけた丘があった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もんぱるなす【モンパルナス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

モンパルナス【Montparnasse】
パリ市南部、セーヌ川南岸の盛り場。モンパルナス墓地に近く、芸術家が多く集まり、1920年代のエコールパリの中心となった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

モンパルナス
もんぱるなす
Montparnasse
フランスの首都パリ南部、セーヌ川左岸にある地区(カルチエ)。ラスパイユ通りとモンパルナス通りの交点(ロダンのバルザック像が立つ)を中心とする国鉄モンパルナス駅、モンパルナス墓地(1824開設)付近一帯の市街地。名称は、1760年のモンパルナス通り(命名は19世紀)開通以前この地にあったパルナッソスの丘にちなむ。20世紀初頭以降モンマルトルに次いで前衛芸術家や亡命者たちの多く集まる地区となり、彼らの通ったカフェー「ドーム」や「クーポル」にはいまも観光客が訪れる。藤田嗣治(つぐはる)のようにこの街に住み、この街を描いた画家も多い。ババン街、ブレア街、ドゥランブル街などは「夜の箱」とよばれる歓楽街。モンパルナス墓地には、ポアンカレ、ボードレール、モーパッサン、サン・サーンス、セザール・フランクなど文人、音楽家の墓が多い。[高橋 正]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

モンパルナス
(Montparnasse) パリ南部、リュクサンブール公園の南西方の地区。もと学生のたまり場であったが、二〇世紀初頭、前衛芸術家やロシアの亡命者が集まり、レストラン・カフェー・劇場の並ぶ歓楽街となった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モンパルナス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モンパルナスの関連情報

他サービスで検索

「モンパルナス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.