Rakuten infoseek

辞書

モンテンルパ

大辞林 第三版

モンテンルパ【Montin Lupa】
フィリピン、マニラの南24キロメートルに位置する都市。太平洋戦争後、日本人戦犯が服役した刑務所がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

モンテンルパ(Muntinlupa)
フィリピン、大マニラ首都圏を構成する都市の一つ。マニラ南方約25キロメートルに位置する。第二次大戦後、日本人捕虜収容所として使われた刑務所があり、戦犯となった山下奉文(ともゆき)ら17名が近郊ロスバニョスで処刑された。日本人墓地や平和祈念塔などがある。ムンティンルパ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

モンテンルパ
もんてんるぱ
Muntinlupa
フィリピン北部、ルソン島南西部にある都市。もとはリサール州に属したが、現在はマニラ大首都圏の一部となっている。人口37万9310(2000)。マニラの南方24キロメートルに位置し、高速自動車道が通じる。第二次世界大戦後、市内のニュービリビッド刑務所が山下奉文(ともゆき)大将をはじめとする日本人戦犯の収容所となり、この町の名が日本に知られた。処刑場の跡には日本式の霊園が設けられている。[高橋 彰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

モンテンルパ
(Montinlupa) フィリピン共和国、マニラの南西方二五キロメートルにある都市。第二次大戦後旧日本軍人が抑留されたニュービリビッド刑務所がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モンテンルパ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モンテンルパの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.