Rakuten infoseek

辞書

モンテレー【もんてれー】

日本大百科全書(ニッポニカ)

モンテレー(メキシコ)
もんてれー
Monterrey
メキシコ北東部、ヌエボ・レオン州の州都。東シエラ・マドレ山脈の東麓(とうろく)、標高538メートルに位置する。人口111万0909(2000)。「北部の女王」とよばれる工業都市である。アメリカやコアウイラ州の炭田に近いことから発展し、製鉄、ガラス、化学、製薬、製粉の諸工業のほか、電気機器製造業が発達している。工業大学、工業研究所もある。国際空港もある交通の要地で、メキシコ市へは飛行機で2時間半、高速バスで13時間を要する。1579年に町が建設され、1796年に建設された教会や、1846年につくられた要塞(ようさい)が残っている。1782年に建設された司教の家は、博物館として市の発展を物語る。近郊には、1843年に発見された中央アメリカ最大のガルシア鍾乳洞(しょうにゅうどう)をはじめ、「馬の尾滝」、ワステカ渓谷があり、観光地となっている。また周辺は灌漑(かんがい)農業地域で柑橘(かんきつ)類の生産が多い。[高木秀樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モンテレー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モンテレーの関連情報

他サービスで検索

「モンテレー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.