Rakuten infoseek

辞書

モンテベルディ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モンテベルディ
Monteverdi, Claudio
[生]1567.5.15. クレモナ
[没]1643.11.29. ベネチア
イタリアの作曲家。クレモナ大聖堂楽長 M.インジェネリに音楽を学んだ。 1590年よりマントバ公の宮廷のビオル奏者,1602~12年は楽長として仕えた。マントバで上演されたオペラオルフェオ』 (1607) ,『アリアンナ』 (08) などはイタリア・オペラ史上画期的な作品で,ルネサンスからバロックへの道を開いた。 13年以降はベネチアのサン・マルコ大聖堂の楽長をつとめ,32年に聖職についた。主作品は上記のほかマドリガル集9巻 (1587~1651) ,『聖母マリアの夕べの祈り』 (1610) ,オペラ『オデュッセウスの帰郷』 (41) ,『ポッペアの戴冠』 (42) ,宗教曲集『倫理的・宗教的な森』 (41) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

モンテベルディ(Claudio Monteverdi)
[1567~1643]イタリアの作曲家。ルネサンス末期からバロック初期に独自の様式を確立した。作品に、オペラ「オルフェオ」、「マドリガル集」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

モンテベルディ【Claudio Monteverdi】
1567‐1643
イタリアの作曲家。初期バロックに特にオペラの確立に貢献した。クレモナに生まれ,ベネチアで死去した。クレモナの大聖堂楽長M.A.インジェニェリに師事してルネサンスの声楽ポリフォニーの技法を身につけ,早くも15歳でモテット集を出版した。1590年からマントバ公の宮廷にビオラ奏者として仕え,1601年には楽長になった。マントバ時代の作品には《マドリガーレ集》第3~5巻(1592,1603,05),オペラ《オルフェオ》(1607),《アリアンナ》(1608),教会作品《聖母マリアの夕べの祈り》(1610)などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

モンテベルディ【Claudio Monteverdi】
1567~1643) イタリアの作曲家。初期バロックの代表者で、保守的な対位法音楽に反対して歌詞の表出を重んずる「第二の作法」を確立。オペラ「オルフェオ」「ポッペアの戴冠」のほか「聖母マリアの夕べの祈り」など多数の教会音楽やマドリガルを作曲した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

モンテベルディ
もんてべるでぃ
Claudio Monteverdi
(1567―1643)
イタリアの作曲家。クレモナに生まれる(5月15日受洗)。同地でインジェニェリに学んだあと、15歳で最初の曲集を出版した。1590年マントバの宮廷音楽家となり、1602年には宮廷楽長に就任した。しかし、12年に庇護(ひご)者のマントバ公ビンチェンツォ1世が死んだことにより宮廷楽長の職を退き、クレモナに戻った。翌13年ベネチアのサン・マルコ大聖堂楽長となり、以後43年11月29日に死ぬまでこの地位にあって、ベネチアの音楽の発展に尽くした。
 モンテベルディは、ルネサンス音楽の最後の担い手であると同時に、新しいバロック音楽をも開拓し、確立していった大作曲家であった。ルネサンスからバロックへと移り変わっていったその作曲様式の変遷は、八巻に及ぶ『マドリガーレ集』にはっきり現れている。第一巻から第四巻までの五声の『マドリガーレ集』では、伝統的なポリフォニー技法を用いたルネサンス・マドリガーレの最後の花を咲かせたが、第五、六巻では通奏低音付きの作品を数曲含め、第七巻と第八巻になると、通奏低音伴奏による独唱曲や重唱曲を集めて、マドリガーレを新しいバロック様式のものに変えてしまっているのである。モンテベルディはまた、16世紀末に新しく登場したオペラにも手を染め、最初の作品『オルフェオ』(1607)によってオペラの分野の確立に貢献した。また、ベネチア時代の最後に書かれた『ポッペアの戴冠(たいかん)』(1642)は、バロック・オペラの最高傑作と評されている。一方、宗教音楽の分野でも優れた業績を残しているが、ここでも、マドリガーレの分野と同様、ルネサンスとバロックの両面をみせている。そのうち、バロックの様式で書かれた『聖母マリアのための晩課』(1610)は傑作として知られ、晩年に出版された宗教曲集『倫理的、宗教的な森』(1640)とともに、バロック音楽の確立者としてのモンテベルディの姿をはっきりと示している。[今谷和徳]
『R・テラール著、田辺保訳『モンテヴェルディ』(1976・音楽之友社) ▽D・アーノルド著、後藤暢子・戸口幸策訳『モンテヴェルディ』(1983・みすず書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

モンテベルディ
(Claudio Monteverdi クラウディオ━) イタリアの作曲家。初期バロック時代に活躍。古典的多声音楽確立に功績をあげた。代表作、オペラ「オルフェオ」。(一五六七‐一六四三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モンテベルディ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モンテベルディの関連情報

関連キーワード

メアリー・スチュアートモラレスオニール斎藤龍興パリッシー真田幸村岐阜城織田信長居館茶のしずくアレルギー問題織田信長と岐阜

他サービスで検索

「モンテベルディ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.