Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

モンゴル国【モンゴル】

デジタル大辞泉

モンゴル(Mongol)
アジアのモンゴル高原・ゴビ砂漠を中心とする地域。独立国をなす外モンゴル、中国の自治区をなす内モンゴル甘粛省新疆(しんきょう)ウイグル自治区の一部をなす西モンゴルに分けられる。また、その地に住む遊牧民族をいう。古くから匈奴(きょうど)鮮卑(せんぴ)ウイグルなどの騎馬民族が活躍。13世紀初め、チンギス=ハンが出てモンゴル族を統一し、帝国を建設。その孫フビライは中国を平定し、を建国したが、に滅ぼされ、以後中国の支配下に入った。モンゴリア蒙古
アジア北東部、外モンゴルの大部分を占める共和国。正称、モンゴル国。首都ウランバートル。1911年、ラマ教活仏元首とする君主国を宣言。1921年にロシアの支援により中国から独立し、1924年に共和制となる。牧畜が盛んなほか、石炭・銅などの地下資源が豊富。人口309万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

モンゴル国
モンゴルこく
Mongol Ulus
モンゴル高原を中心としたモンゴル人の国。首都ウランバートル
清朝治下の藩部の外モンゴル−ハルハ部が中心となり,1911年中国の辛亥革命に乗じて,活仏ボグド=ゲゲンを元首として独立を宣言し,ロシアの援助を受けたが,その後自治国とされる。ロシア革命後,中国の支配権が回復したが,1921年モンゴル人民党(のち1924年に人民革命党と改称)がボグドの権力を制限した制限君主制のモンゴル人民政府を樹立し,24年のボグドの死後,人民共和国が成立した。その後,親ソ路線のもとで社会主義国家の建設をつづけた。1946年中華民国も正式に独立を承認し,61年国連に加盟。1989年の東欧革命波及のなか,民主化要求運動が活発化し,92年新憲法を発効,社会主義を放棄し,市場経済への移行をうたい,国名をモンゴル国と改称した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モンゴル国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モンゴル国の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.