Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

モンゴルアルタイ山脈【モンゴルアルタイさんみゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モンゴルアルタイ山脈
モンゴルアルタイさんみゃく
Mongol-Altayn nuruu
モンゴル南西部にある北西-南東方向の山脈アルタイ山地の主脈で,モンゴル,ロシア,中国の国境が集るナイラムダル山 (4356m) から南東端のギチゲネ山地まで約 900kmに及ぶ。長さ,高さともモンゴル最大。北部には最高点のムンフハイルハン峰 (4362m) をはじめ 4000m級の山が並び,ポターニン氷河 (長さ 17km,幅 2.5km) ,プルジワルスキー氷河 (長さ 12km,幅 4km) など大規模な氷河が多い。南東に向うにつれて高度を減じ,山容も穏やかになって,ゴビアルタイ山脈に続く。北斜面は概して地形が単純であるが,南側には峡谷支脈が多い。北斜面にはタイガがみられ,低地のステップではウシヒツジを中心に放牧が行われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モンゴルアルタイ山脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モンゴルアルタイ山脈の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.