Rakuten infoseek

辞書

モレタニア号【もれたにあごう】

世界大百科事典 第2版

もれたにあごう【モレタニア号】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

モレタニア号
もれたにあごう
Mauretania
イギリスのキュナード社所属の豪華客船。1907年に政府の補助を受けて建造、同年に北大西洋横断定期航路船の先駆けとして就航した。3万1938総トン、長さ240.8メートル、25個のボイラーから蒸気を供給され、四組のタービンで合計7万5000馬力を出し、四軸スクリューを毎分180回転させて速力26ノットを出した。ドイツ船カイザー・ウィルヘルム2世号にかわって1907年より22年間ブルーリボンを保持し続け、その最長保持記録をつくった。第一次世界大戦中海軍に徴用され、19年にサウサンプトン―ニューヨークの航路に復帰。29年ブレーメン号にブルーリボンを奪われたが、29年8月には自己最高速力記録27.4ノットを出した。35年4月、解体のためメタル・インダストリーズ社に売却された。姉妹船にルシタニア号Lusitaniaがある。[茂在寅男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モレタニア号」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モレタニア号の関連情報

他サービスで検索

「モレタニア号」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.