Rakuten infoseek

辞書

モルヒネ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モルヒネ
morphine
モルフィン,モルフィウム,モルフィナともいう。 C17H19NO3アヘン (阿片)中のアルカロイドの一つ。良質アヘンには9~14%の無水モルフィンが含まれる。短柱状結晶。分解点 254℃。 190~200℃で昇華。光で変する。種々の酸と塩をつくる。塩酸モルヒネは鎮痛剤鎮痙剤止瀉剤に,硫酸モルヒネ鎮痛剤,基礎麻酔薬,鎮咳剤に利用される。常用すると中毒を起しやすい。副作用は嘔吐便秘,アレルギー反応,呼吸抑制などで,習慣性がある。効果が約4時間しか続かない欠点を補う硫酸モルヒネ徐放剤 (商品名 MSコンチン錠) が開発・市販された。日本では製造は麻薬及び向精神薬取締法で規定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

モルヒネ
がんの痛みを緩和するために使われる医療用麻薬。がんによる激しい痛みを緩和することは、がん患者の生活の質を維持するため重要とされている。国際的な標準である世界保健機関(WHO)方式のがん疼痛(とうつう)治療法では、患者の痛みに応じて、最も適切な薬を使い分ける。その中でも強い痛みに対しては、モルヒネなどを含む強い鎮痛薬を、持続的に規則正しく使うことが推奨されている。成分を徐々に放出する徐放性の経口薬が使われることが多い。がん疼痛緩和に専門家が正しく使えば、依存は起きず、患者の死期を早めることもない。日本では緩和ケアの専門家の不足などもありモルヒネの使用量は欧米先進国に比べて少ないのが現状で、医師への教育が重要とされている。法的には、「麻薬及び向精神薬取締法」において麻薬に指定されており、医師や薬剤師には厳重な管理が求められている。
(浅井文和 朝日新聞記者 / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

モルヒネ(〈オランダ〉morfine)
アヘンに含まれるアルカロイドの主成分。塩酸塩が鎮痛薬として(がん)などの疼痛(とうつう)に用いられる。連用により習慣性になりやすく、麻薬に指定。モルフィン。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

モルヒネ
 C17H19NO3 (mw285.34).

 ケシからとるアヘンの成分.アルカロイドの一つ.中枢神経に作用して鎮痛作用を示す.痛み止めに使うが習慣性があり,麻薬の一つである.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

モルヒネ【morphine】
モルフィンともいう。アヘンの主成分で,産地によって異なるがアヘンに9~14%含まれる。モルヒネは1805年ドイツの薬剤師F.W.A.ゼルチュルナーによって初めて分離され,1952年M.ゲーツらによって化学的に合成された。分子式C17H19NO3,分子量285.3のアルカロイドで,分解点254℃,[α]D25=-132゜の苦味をもつ無色結晶。薬物としては,塩酸塩または硫酸塩が用いられる。 モルヒネの名前は,ギリシア神話の眠りの神ヒュプノスHypnosの子の夢の神モルフェウスMorpheusに由来するもので,これは主作用である鎮痛作用と同時に,痛みに伴う不安を除き,不快な感覚を忘れさせて快感をもたらし,陶酔をきたす作用による。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

モルヒネ【morfine】
阿片に含まれるアルカロイドで、麻薬の一。鎮痛・鎮静薬として種々の原因による疼痛とうつうに有効。習慣性が著しいので、法律により使用が制限されている。モルフィン。モヒ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

モルヒネ
もるひね
morphine
代表的なアヘンアルカロイドで、1805年ドイツの薬剤師ゼルチュルナーSertrnerによってアヘンから単離された。塩酸塩である塩酸モルヒネが、おもに鎮痛剤として医薬用に使われる。白色の結晶または結晶性粉末で、においはない。水に溶けやすく、光によって変化する。麻薬及び向精神薬取締法により取扱いが規制されている毒薬である。
 モルヒネの鎮痛作用は中枢神経系に作用することによるが、その特徴は睡眠に陥る前または睡眠を伴わずにおこり、多幸感をおこす。量を増すと、傾眠状態、悪心、嘔吐(おうと)、呼吸抑制がみられる。そのほか、抗利尿ホルモンの分泌を促進して尿量の減少をみたり、高血糖の発現や瞳孔(どうこう)の収縮もみられる。腸管に対しては便秘がおこる。したがって、モルヒネの薬理効果は鎮痛のほか、止瀉(ししゃ)剤として頑固な下痢症の治療にアヘンチンキなどが用いられたり、催吐剤としてアポモルヒネが使われる。
 モルヒネは繰り返して用いることにより耐性を生ずるとともに、身体性依存および禁断現象が現れる。しかし、癌性疼痛(がんせいとうつう)にはなくてはならない鎮痛剤であり、注射のほか、錠剤、顆粒(かりゅう)剤、液剤があり、とくに特効製剤(徐放(じょほう)錠、カプセル、細粒)が内用で癌性疼痛のコントロールに繁用されている。また、副作用である呼吸抑制に対しては麻薬拮抗(きっこう)剤であるナロルフィン、レバロルファン、ナロキソンが用いられ、分泌液の増加に対しては硫酸アトロピンを配合したモルヒネアトロピン注射液が用いられる。
 なお、モルヒネ誘導体のうち、ジアセチルモルヒネ(ヘロイン)は効力も大であるが副作用も大で、医薬用には使われていない。[幸保文治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

モルヒネ
〘名〙 (morfine) アヘン含有アルカロイドの一種。強い麻酔、鎮痛、鎮咳(ちんがい)、呼吸抑制作用をもち、習慣性のため中毒を起こしやすい。麻薬取締法により取扱いが規制されている。モルフィン。モヒ。
※舎密開宗(1837‐47)内「罌粟の莫爾比捏(モルヒネ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

モルヒネ
モルヒネ
morphine

7,8-didehydro-4,5-epoxy-17-methyl-(5α,6α)-morphinan-3,6-diol.C17H19NO3(285.34).ケシ科Papaver somniferumの未熟果中に含まれる.アヘンの主アルカロイドで,約10% 以上含有される.強力な麻酔鎮痛作用を有し,その名称はギリシア神話の眠りの神Morpheusに由来する.通常,一水和物で得られる.白色針状または柱状晶.110 ℃ で水和水を失い,230 ℃ で分解し,紫色となる.1.32.pKa 6.13.アルカリ水に易溶,熱メタノールに可溶,水に難溶.-132°(メタノール).λmax 285 nm(水).酸化を受けやすく,また光によって褐色となる.塩酸塩(塩酸モルヒネ)は,皮下注射後数分で作用が現れ,半時間で極点に達し,数時間後に衰え,約半日後に消失する.このような鎮痛作用と同時に,不快感を忘れさせ,恍惚(こうこつ)感を起こさせるので,習慣性,耽溺(たんでき)性があり,麻薬に指定されている.LD50 500 mg/kg(マウス,皮下).[CAS 52-27-2]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モルヒネ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モルヒネの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.