Rakuten infoseek

辞書

モリス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モリス
Morris, Charles William
[生]1901.5.23. デンバー
[没]1979.1.19. フロリダ,ゲーンズビル
アメリカの哲学者。シカゴ大学教授。記号論,意味論の分野で貢献,特に従来の論理実証主義に意味論的接近法を導入,科学的経験論を唱えた。宗教面でも一つの伝統にのみ執着せず,同時に多くの伝統にかかわる態度をとるべしとした。主著『精神についての6理論』 Six Theories of Mind (1932) ,『論理実証主義,実用主義,科学的経験主義』 Logical Positivism Pragmatism and Scientific Empiricism (37) ,『記号理論の基礎』 Foundations of the Theory of Signs (38) ,『記号,言語,行動』 Signs,Language and Behaviour (46) ,『人間価値の多様性』 Varieties of Human Value (56) ,『意味づけと意義』 Signification and Significance (64) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モリス
Morris(Morrison), Clara
[生]1846/1848.3.17. トロント
[没]1925.11.20. コネティカット,ニューケーナン
アメリカの女優。子役として舞台生活に入り,1870年ブロードウェーにデビュー,マクベス夫人 (1875) やジェーン・エア (78) などで好評を博した。 85年病気のため引退,以後文筆にたずさわり,著書に『わが生涯の物語』 The Story of My Life (1904) などがある。 1904年回復して舞台に戻り,05年以後ときどきボードビルに出演。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モリス
Morris, Gouverneur
[生]1752.1.31. ニューヨーク,モリサニア
[没]1816.11.6. ニューヨーク,モリサニア
アメリカの政治家。ニューヨーク植民地を支配した大土地所有者の一人で,独立革命では保守派として植民地の民主化には反対したが,イギリスからの独立は支持した。 1771年弁護士,78~79年大陸会議代表となり,G.ワシントンを支持した。 87年合衆国憲法制定会議では最終案を執筆。 89年フランスにおもむき,在住 10年,その間フランス革命に際会。 92年フランス駐在公使に任命されたが,革命の激化を公然と批判し,94年解任された。財政専門家として貨幣制度の確立に尽し,ドル,セントという名称を提唱した。『フランス革命日記』A Diary of the French Revolution (2巻,1939) を残した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モリス
Morris, Lewis
[生]1726.4.8. ニューヨーク,モリサニア
[没]1798.1.22. ニューヨーク,モリサニア
アメリカ独立革命期の政治家。ニューヨークの大土地所有者。 1746年エール大学卒業,62年以降植民地政治に活動して,イギリスの統制政策を批判するにいたる。 75~76年大陸会議のニューヨーク代表。独立宣言採択のときフィラデルフィアを留守にし,76年末署名。 77~90年断続的にニューヨーク邦 (州) 上院議員をつとめた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モリス
Morris, Sir Lewis
[生]1833.1.23. カーマゼン
[没]1907.11.12. ペンブリン
イギリスの詩人。ウェールズ出身。オックスフォード大学に学び,ウェールズ大学の設立に尽力。『両世界の歌』 Songs of Two Worlds (1872) ほか6巻の詩集がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モリス
Morris, Robert
[生]1734.1.31. リバプール
[没]1806.5.7. フィラデルフィア
アメリカ独立革命期の財政家,政治家。アメリカの独立には消極的で,大陸会議代表となったが,イギリスとの協調の夢を捨て切れず,独立宣言にも数週間遅れて署名。独立戦争の間,1776~78年植民地軍の資金調達の中心人物として多大の貢献をした。 81~84年連合政府の財務総監をつとめ,また連合政府海軍部の首脳であった。この間莫大な私財をたくわえ,81年フィラデルフィアの北アメリカ銀行創設に尽力。 89~95年上院議員,A.ハミルトン財政政策を支持した。晩年,資産を商業,銀行業から引上げて土地投機にあて,失敗し破産した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モリス
Morris, Robert
[生]1931.2.9. カンザスシティー
アメリカの美術家。カンザスシティー大学で機械工学を学んだのち,カンザスシティー・アート・インスティテュートで学ぶ。 1961年ニューヨークに定住。 Y.ライナーとともにパフォーマンスを行う一方,オブジェとしての彫刻に着手。人間の行為と物体の関係がモリスの仕事の原理といえる。プライマリー・ストラクチャーズ的立体や反形式主義的作品など,仕事の振幅が大きい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モリス
Morris, William
[生]1834.3.24. エセックス,ウォルサムストー
[没]1896.10.3. ハマースミス
イギリスのデザイナー,工芸家,詩人,社会運動家。ビクトリア朝の装飾芸術に革命をもたらし「近代化の父」とされる。オックスフォード大学のエクセター・カレッジではのちに画家となったエドワード・バーン=ジョーンズと,卒業後は詩人で画家のダンテ・ゲーブリエル・ロセッティと親交を結ぶ。建築装飾の仕事に打ち込み,1861年には装飾美術関係の制作会社を仲間とともに設立。以後は主として,植物モチーフを自然の姿に近い形で文様化した平面デザインを手がけ,壁紙,染色,織物,カーペット,ステンドグラスなどを制作。文学面では『地上楽園』 The Earthly Paradise (1868~70) により詩人として名声を博し,『裂かれる海の物語』 The story of Sundering Flood (1898) などのような空想物語を次々と発表。また,ケルムスコット印刷工房を設立 (1890) して活字のデザイン,造本印刷まで一貫して手がけ,中世のゴシック書体を復興させ,『チョーサー著作集』など 53種もの本を発刊した。一方,人間味のある製品こそ真の美術品であるとの主張に立って,「アーツ・アンド・クラフツ運動」というデザイン運動を興し,社会改革のための言論活動を積極的に行なった。この人間性追究のデザインは,アール・ヌーボー (世紀末芸術) に直接的な影響を及ぼした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モリス
Morris, Wright
[生]1910.1.6. ネブラスカ,セントラルシティー
[没]1998.4.25. カリフォルニア,ミルバレー
アメリカの小説家。少年の頃ネブラスカ州の各地を転々とし,一時カリフォルニアのポモナ大学に学んだのち,ヨーロッパを放浪した。 1942年に処女作『ダドリーおじさん』 My Uncle Dudleyを発表。のち,メキシコの闘牛場を訪れたアメリカ人グループのひとりひとりに視点をおいた『視界』 The Field of Vision (1956) を発表し全米図書賞を得た。写真と文章を巧みに組合せた『居住者たち』 The Inhabitants (46) ,『情事』 Love Affair: A Venetian Journal (72) のような作品もある。大学の文学教育にもたずさわり,アメリカ文学論『彼方なる土地』 The Territory Ahead (58) を著わした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モリス
Morris, Mark William
[生]1956.8.29. シアトル
アメリカの舞踊家,振付師。初めスペイン舞踊を学ぶ。 1976年ニューヨークに移り,M.ブラック,J.ロレンツにバレエを師事。 E.フェルド・バレエ団,ハナ・カーン舞踊団などを経て,80年自身の舞踊団を結成。客演振付師としても活躍し,アメリカン・バレエ・シアターのために M.バリシニコフ主演の『汝が瞳にて乾杯を』 (1988) を振付けるなどした。 88年ブリュッセルの王立モネ劇場に迎えられ,以後ここを本拠に活躍する。さまざまなジャンルの舞踊の動きを用いる折衷的な手法で,『スタバト・マテール』 (86) など宗教的な内容のものから,『ミソロジー』 (86) のようにストリップやプロレスを扱ったユーモラスなものまで作品の幅は広く,音楽もクラシックからカントリー・ウェスタンまで多彩に用いる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

モリス(William Morris)
[1834~1896]英国の工芸家・詩人・社会思想家。装飾美術の発展に貢献。社会主義運動に参加する一方、印刷・造本の分野でも活躍。叙事詩地上楽園」、小説「ユートピアだより」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

モリス Morris, Ivan
1925-1976 イギリスの日本文学研究家。
1925年11月29日生まれ。第二次大戦中アメリカ海軍日本語学校でまなび,のちロンドン大で「源氏物語」を研究。大岡昇平三島由紀夫の作品,「枕草子」などを翻訳。また日本のナショナリズムについて研究した。コロンビア大教授。1976年7月19日死去。50歳。ロンドン出身。ハーバード大卒。著作に「光源氏の世界」「高貴なる敗北―日本史の悲劇の英雄たち」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

モリス Morris, Joseph
1849-1911 イギリスの電信技術者。
1849年7月トルコのイスタンブール生まれ。明治4年(1871)政府にまねかれて来日,工部省電信寮技師となる。大阪-下関間の電信線架設を調査,東京-豊橋間の電信線工事を監督した。9年電信監督長。函館-青森間の海底電信架設の調査もしている。17年帰国し,大阪毎日新聞社のロンドン通信員となった。1911年4月死去。61歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

モリス Morris, Roland Sleter
1874-1945 アメリカの外交官。
1874年3月11日生まれ。駐日大使として大正6年(1917)から10年まで在任シベリア出兵に関する日米間の折衝にあたった。帰国後はペンシルベニア大教授。1945年11月23日死去。71歳。ワシントン州出身。プリンストン大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

モリス Morris, Ira
1903-1972 アメリカの小説家。
1903年11月11日生まれ。外交官から小説家に転身。昭和32年広島をおとずれ,被爆者援護のために「広島憩いの家」を創設した。妻のエディタ=モリスも「ヒロシマの花」「ヒロシマの種」の作者として知られる。子のアイバン=モリスは日本文学の研究者。1972年3月12日死去。68歳。ハーバード大卒。著作に「シカゴ物語」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

モリス【Charles William Morris】
1901‐79
アメリカの哲学者,記号学者。アメリカにおける論理実証主義,統一科学運動の指導者のひとり。コロラド州のデンバーに生まれ,ウィスコンシン大学ノースウェスタン大学で工学,生物学,心理学などを学び,その後シカゴ大学に移って哲学を専攻した。1925年に博士号を取得,長年シカゴ大学で教え,58年からフロリダ大学に移った。モリスの思想はプラグマティズムに属し,特にC.S.パースの記号学,J.デューイの行動の哲学,G.H.ミードの社会心理学の影響を強く受けている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

モリス【Desmond John Morris】
1928‐
イギリスの動物学者。バーミンガム大学を卒業,オックスフォード大学でティンバーゲンの下に研究を続ける。魚類や哺乳類の行動の研究から出発したが,徐々に人間の動物学的研究へと関心を移し,《裸のサル》(1967)では動物行動学,生態学を適用した大胆な人間論を展開して話題となった。そのほかにも《芸術の誕生》(1962),《マンウォッチング》(1977)など動物学関係の一般向けの著作が多く,R.アードリーとともに動物行動学的思想の普及に果たした役割は大きい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

モリス【Robert Morris】
1734‐1806
アメリカの商人,政治家。イギリスに生まれ,1747年ごろアメリカに渡る。フィラデルフィアでウィリングらと提携しつつ貿易商として成功。独立革命時は革命政府の財務総監(1781‐84)を務め,公私の信用を駆使して財政難を救済し〈独立革命の財政家〉と呼ばれた。戦後はフェデラリスツの政治家として連邦議会上院議員(1789‐95)などを務めて活躍したが,土地投機に失敗して獄につながれ失意のうちに死んだ。【田島 恵児】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

モリス【William Morris】
1834‐96
イギリスの詩人,工芸家,社会改革家。エセックス州の裕福な実業家の家に生まれる。聖職を志して,オックスフォードのエクセター・カレッジに入学。幼いころから中世のロマンスの世界に憧れており,中世史を熱心に学ぶ。オックスフォード運動の余波やラスキン,ピュージンラファエル前派の影響を受け,宗教的・芸術的情熱の発露を建築に見いだして,56年建築家G.E.ストリートの弟子となる。大学入学以来の親友バーン・ジョーンズが師と仰いだD.G.ロセッティにひかれて画家を志望し,57年オックスフォードのユニオン討議場の天井と壁画の装飾に加わったのち工芸家に転向。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

モリス【Morris】
〔Charles William M.〕 (1901~1979) アメリカの哲学者。記号論および意味論の研究でプラグマティズムを論理実証主義に結びつけた。著「記号論の基礎」など。
〔William M.〕 (1834~1896) イギリスの工芸家・詩人。中世の美にあこがれ産業革命後の芸術の機械化に反発、壁紙・椅子から書体の設計に至る工芸の広範な分野で活躍、近代デザイン運動の発端を作った。社会主義を信奉し、「ユートピアだより」を著す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

モリス
生年月日:1901年5月23日
アメリカの哲学者
1979年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

モリス
(William Morris ウィリアム━) イギリスの詩人、工芸家、思想家。中世を礼讚し、手仕事による装飾美術を日常生活の中に生かすことを提唱。また、社会主義運動にも参加した。著に、物語詩「地上楽園」「ユートピアだより」など。(一八三四‐九六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モリス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モリスの関連情報

関連キーワード

シカゴ・ホワイトソックス内閣総理大臣正岡子規ウィンザー家オーストラリア・ニュージーランド文学ストリンドベリレゼジー・ド・タヤックロシア革命ヨーロッパサッカーニューヨーク・ヤンキース

他サービスで検索

「モリス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.