Rakuten infoseek

辞書

モラル・ハラスメント【もらる・はらすめんと】

ナビゲート ビジネス基本用語集

モラル・ハラスメント
言葉や態度による精神的な嫌がらせ行為。フランスの精神科医、マリー・フランス・イルゴイエンヌが提唱した。 パワー・ハラスメントやセクシャル・ハラスメントもこの一部に分類されるが、それらに分類されない加害者パーソナリティーによる嫌がらせ行為が問題だと指摘されている。 加害者になりやすいのは、自己愛性のパーソナリティーの持ち主とされ、その場合攻撃が執拗で対処が難しいとされている。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

モラル・ハラスメント
言葉や態度などによる精神的暴力やいやがらせのこと。略称「モラハラ」。フランスの精神科医マリー=フランス・イルゴイエンヌが提唱し、1998年に刊行された著書(邦訳『モラル・ハラスメント-人を傷つけずにはいられない』)により広く知られるようになった。加害者に加害意識や罪悪感がなく、被害者が自己否定・自己嫌悪に陥るような、巧妙な精神的暴力による支配関係がモラハラの特徴的な点とされている。2002年には、フランスで職場におけるモラル・ハラスメントを禁止する「労使関係近代化法」が公布施行された。
(2013-1-21)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モラル・ハラスメント
言葉や態度などによる精神的な暴力や嫌がらせ。フランスの精神科医マリー=フランス・イルゴイエンヌが提唱した造語で、日本では「モラハラ」と略されることもある。家庭や職場、学校など、あらゆる人間関係において起こりうるもので、地位職権を悪用した「パワー・ハラスメント」、性的な嫌がらせである「セクシャル・ハラスメント」もモラル・ハラスメントの一種とされる。肉体的な暴力のように外傷が残らないため、第三者から気づかれにくいことが特徴。また、加害者が自覚なくハラスメント行為を行っているケースも多いため、是正が難しいとされている。
(2015-1-22)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

モラル・ハラスメント
もらるはらすめんと
moral harassment
ことばや態度などによって人の心を傷つける、精神的な暴力や虐待。モラハラと略す。職場や学校、家庭などにおける陰湿で精神的な嫌がらせなどをさす。モラルは道徳的な、倫理上の、精神的な、などを意味し、ハラスメントは嫌がらせを意味することばである。暴言や無視などの精神的な暴力によって被害を受けた人は、ストレスをため込み、心身に重大な影響が出るようになる。自律神経失調症やうつ状態、深刻な精神障害や自殺に至るケースもみられる。同時に、免疫力の低下などに起因する、体の異常が起こる場合も少なくない。雇用者や仕事上で上位の関係にある者による権力の濫用をさすパワーハラスメントや性的嫌がらせを意味するセクシュアル・ハラスメントを広義のモラル・ハラスメントに含める場合もある。また、夫婦間のモラル・ハラスメントも問題視されており、司法統計によると、2013年度(平成25)の離婚原因の約2割が、夫婦間における精神的な虐待によるものである。
 フランスの精神科医マリー・F・イルゴイエンヌMarie-France Hirigoyen(1949― )が1998年に提示した概念で、著書では職場におけるモラル・ハラスメントを、「身ぶりやことば、行動などによる不当な行為を繰り返し、あるいは計画的に行うことによって人の尊厳を傷つけ、心身に損傷を与え、その人の雇用を危険にさらす行為」と定義している。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モラル・ハラスメント」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モラル・ハラスメントの関連情報

他サービスで検索

「モラル・ハラスメント」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.