Rakuten infoseek

辞書

モハメド・アリ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モハメド・アリ
Muhammad Ali
[生]1942.1.17. ケンタッキー,ルイビル
[没]2016.6.3. アリゾナ,スコッツデール
アメリカ合衆国のプロボクサー,社会運動家。本名 Cassius Marcellus Clay, Jr.。人種差別の強い南部で育ち,12歳のときボクシングを始める。1960年ローマ・オリンピック競技大会のライトヘビー級で金メダルを獲得し,その後プロに転向。1964年ソニー・リストンに勝利して世界ヘビー級チャンピオンとなった。その後,アフリカ系アメリカ人のイスラム運動組織ネーション・オブ・イスラムの信徒であることを公表,リング名をムスリム名(→ムスリム)に改名。1967年にはベトナム戦争への徴兵を拒否したことで 9回防衛したタイトルを剥奪され,裁判でも有罪の判決がくだされたが,4年後に無罪となった。1974年ジョージ・フォアマンからタイトルを奪回し,1978年にレオン・スピンクスに敗れるまで通算 19回防衛。同 1978年スピンクスを破り,史上初 2度の王座返り咲きを果たした。1979年チャンピオンのまま引退。1980年復帰してラリー・ホームズの王座に挑んだが失敗し,1981年に再び引退。自身を評した「チョウのように舞い,ハチのように刺す」ということばは,モハメドアリのボクシングスタイルを形容する語として知られる。引退後,パーキンソン症候群を患い,長年闘病した。1996年アトランタ・オリンピック競技大会ではオリンピック聖火の点火役を務めた。通算成績は 61戦 56勝(37KO)5敗。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

モハメド・アリ
米のプロボクシングの元世界ヘビー級チャンピオン。1942年1月18日生まれ、米ケンタッキー州出身。本名カシアス・クレイ。12歳でボクシングを始め、22歳でヘビー級の世界チャンピオンとなった。同年、イスラム教に改宗し、モハメド・アリと改名した。67年、ベトナム戦争への徴兵を拒否したことでタイトルを剥奪された。その後プロボクシングに復帰し、74年に世界王座を奪還して、通算19回の防衛を果たした。華麗なボクシングスタイルは、「チョウのように舞い、ハチのように刺す」と評された。通算成績は61戦56勝5敗で、このうち37勝がノックアウト勝ち。黒人の人権擁護を呼びかけるなど、人種差別の撤廃を国際社会に訴え、引退後は、難病パーキンソン病を抱えながら社会活動を続けた。2005年には、米政府から、最高の栄誉とされる「自由勲章」を贈呈された。16年6月3日、米アリゾナ州の病院で敗血症性ショック死去。享年74。
(2016-6-7)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典

モハメド・アリ


アリ,M.を見よ。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モハメド・アリ


アリー・ボグラ,モハメドを見よ。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モハメド・アリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モハメド・アリの関連情報

関連キーワード

レジスタンス文学森一生ガダルカナルの戦い国際オリンピック委員会東条英機内閣リーンアントニー ビーバーアンガー第2次世界大戦第2次世界大戦

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.