Rakuten infoseek

辞書

モニリア病【モニリアびょう】

世界大百科事典 第2版

モニリアびょう【モニリア病 blossom blight】
子囊菌Sclerotinia maliによって起こるリンゴの病気。この菌の無性世代の胞子は連なって数珠つなぎになって形成される。無性世代のものの学名はMoniliaといい,monileはラテン語首飾り胞子の特徴を示す学名病名もこれに由来する。発生する部位によって花腐(はなぐされ)病,実腐(みぐされ)病,葉腐(はぐされ)病などと呼ばれる。葉腐病が一番早く発生するが,被害が直接的なのは他の二つである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

モニリア病
もにりあびょう
リンゴの病気で、病原はカビの一種で子嚢(しのう)菌に属するモニリニア・マリMonilinia maliである。発病する部位によって症状の呼び方が異なる。新葉が侵されると褐色になって腐敗し(葉腐れ)、葉柄から花の基部に病斑(びょうはん)が進展し褐変し花腐れをおこす。また、開花中に病原菌の胞子が花の柱頭に付着して侵入し幼果が腐敗する(実腐れ)。1963年(昭和38)ごろまでは、北海道や東北地方北部のリンゴ栽培地全域に発生し、流行すると収穫が激減するため、その年のリンゴの作柄を左右する重要な病害であったが、ジクロン・チウラム剤が葉腐れに卓効を示し、その使用とともに発生が少なくなった。現在では根雪期間が100日以上の所で局地的に多発する程度になっている。防除は、現在ジクロン・チウラム剤は登録が失効となっているため、これにかわる薬剤として、フルオルイミド剤、ビンクロゾリン剤、プロシミドン剤を散布して行っている。なお、モニリア病の病名は、病原菌の不完全世代の学名(属名)モニリアMoniliaに由来している。[梶原敏宏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モニリア病」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モニリア病の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.