Rakuten infoseek

辞書

モニエ【もにえ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

モニエ(Henri Monnier)
もにえ
Henri Monnier
(1799―1877)
フランスの風刺画家、作家、俳優。生年が1805と記されることがあるが、これは本人が偽ったため。パリ生まれ。ジロデのアトリエで画技を学び、1830年、風俗風刺画集『巷間(こうかん)風景集』を刊行、なかに登場する俗物ジョゼフ・プリュドムJoseph Prudhommeが大評判となり、さらに『ジョゼフ・プリュドム氏の覚え書き』(1857)によってこの人物はブルジョアの戯画の極致として定着する。自作の喜劇『ジョゼフ・プリュドム氏の栄枯盛衰』(1852初演)では自らこの人物を演じた。[横張 誠]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モニエ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モニエの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.