Rakuten infoseek

辞書

モスク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モスク
mosque
イスラム教徒が唯一神アッラーに対する礼拝を行うための施設。アラビア語マスジド (ひれ伏すところ,礼拝所) という。聖日 (金曜日) の集団礼拝が催される各都市の中央モスク,あるいはそれに匹敵する大規模なモスクをジャーミ (会衆礼拝所) などと呼ぶ。モスクの著しい特色はその非祠堂的性格で,偶像はもちろん神祠,内陣,祭壇の類も備えない。礼拝は常に聖地メッカカーバ神殿に向って行われるので,モスクは中軸線がメッカの方角 (→キブラ ) へ向くように建てられる。建築の基本形式は7世紀末ないし8世紀初頭に成立。すなわち,長方形のサハン (中庭) を囲んでキブラ側の1辺に礼拝室,他の3辺に回廊を設け,外側を周壁で閉じる。礼拝室の奥壁中央部にキブラの表象たるミフラーブ (壁龕) を付し,その向って右脇にミンバル (説教壇) を置く。また中庭内あるいは出入口付近に礼拝者が身を清めるための泉水を設け,周壁沿いに礼拝への参集を呼びかけるためのミナレット (高塔) を建てる。初期のモスクは概して低平な建築が多かったが,12,13世紀以降,礼拝室の中央部に巨大なドームを架したり,中庭の四方にイーワーン (前面開放型広間) を設けたり,門を構えたりするようになった。初期には1基と限られていたミナレットも,この頃から2基1対の形式をとるものがふえ,やがて4基,6基建てるモスクも現れた。歴史上最も壮麗なモスクが建設されたのは 16,17世紀,オスマン帝国,サファビー朝イラン,およびムガル朝インドにおいてであった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

モスク
イスラム教の礼拝施設。モスクは英語で、アラビア語ではマスジドと呼ばれる。「跪拝(きはい)する所」という意味がある。イスラム教徒が1日5回集まり、聖地メッカ(サウジアラビア)に向かって集団礼拝し、イスラム教の聖典コーランを朗唱する。コーランやアラビア語を子どもに教えたり、ラマダン(断食月)明けに食事会を開いたり、様々な形で利用されている。体を清める沐浴(もくよく)場や、イスラム教関連の図書室を備える施設もある。
(2013-03-25 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

モスク(mosque)
イスラム教礼拝堂。厳しい偶像否定から、一切の祭壇や像はなく、カーバ神殿の方向を示すミフラーブ(壁龕(へきがん))とミンバル(説教壇)が正面にあるだけで、外郭には礼拝の呼びかけを行うミナレット、浄めを行う水場を備える。
[補説]アラビア語のマスジッド(跪拝(きはい)する所の意)がスペイン語メスキータとなり、英語に取り入れられてモスクとなった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

モスク【mosque】
イスラム教徒の礼拝所,礼拝堂。アラビア語でマスジドmasjidといい,礼拝の最も重要な部分とみなされる平伏(スジュード)を行う場所を意味する。コーランでは,メッカのカーバを囲む聖所が,マスジド・アルハラームMasjid al‐Harām(聖モスク)と呼ばれ,現在もその名で呼ばれる。ムハンマドヒジュラ後ただちにメディナで住宅を建てたが,その中庭がイスラム最初のモスクとされた。現在の預言者のモスクの起源である。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

モスク【mosque】
イスラム教の礼拝所。神像は安置せず、メッカの方に向けてミフラーブという壁龕へきがんを設ける。外に潔斎用の泉水と礼拝の時刻を告知するミナレットという塔を備える。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

モスク
もすく
mosque
イスラム教徒の礼拝所。アラビア語のマスジッド(跪拝(きはい)する所の意)が、スペイン語のメスキータを経て、英語のモスクとなった。とくに金曜日の正午の集団礼拝に使われる大モスクは、マスジッド・アルジャーミー(金曜日モスク。略してジャーミーともいう)とよばれる。また後の時代になると、学校、病院、宿舎、王や聖者の墓を伴った建築物も多くなり、礼拝所の機能とともに、教育・社交の場ともなった。
 コーランではすでにメッカの聖域が「聖モスク」(マスジッド・アルハラーム)とよばれている。伝承によると、ムハンマド(マホメット)はメディナへの移住(ヒジュラ)ののち、ただちに集団礼拝の場としてモスクを建てたといわれる。このモスクは、ムハンマドと彼の妻たちの住居の一部であり、これが現在の預言者モスク(マスジッド・アルナビー)の元である。メッカの聖モスク、メディナの預言者モスクは現在でも、エルサレムのアクサー・モスクとともにイスラムの三大聖地とみなされている。
 アラブの大征服に際しては、各軍営都市にモスクが建てられた。初期のモスクのうち、現在でも当時の形を比較的伝えているものに、ダマスカスのウマイヤ・モスクやカイラワーンのシーディー・ウクバ・モスクなどがある。
 礼拝の場という機能は共通であるが、建築様式として定められた規則はないので、時代・地域によりモスクの外見には大きな差異がみられる。おもな様式には、シリア・エジプト型、マグレブ・スペイン型、イラン型、オスマン型、インド型などがある。
 モスクは普通、礼拝の呼びかけ(アザーン)を行うミナレット(尖塔(せんとう))、礼拝の前の浄(きよ)め(ウドゥー)を行うための水場を備えている。また内部にはキブラ(礼拝の方向)を示すミフラーブとよばれる壁龕(へきがん)、ミンバルとよばれる説教壇などがあり、床にはカーペットが敷き詰められている。モスク内には祭壇のようなとくに聖なる場所はない。ミフラーブがモスクの中でもっとも装飾される場所である。しかし、イスラム教では図像表現が禁止されているので、モスク内の装飾は図案化されたアラビア文字やアラベスク文様である。[竹下政孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モスク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モスクの関連情報

他サービスで検索

「モスク」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.