Rakuten infoseek

辞書

モスカ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モスカ
Mosca, Gaetano
[生]1858.4.1. シチリア,パレルモ
[没]1941.11.8. ローマ
イタリアの政治学者,政治家。トリノ大学,ローマ大学教授,また上院・下院議員もつとめる。その主著『政治学要綱』 Elementi di scienza politica (1896) において「支配する階級」の恒久的存在を指摘するとともに,その形成や交代を論じて,エリート理論の先駆者の一人となった。イタリアファシズムには晩年まで批判的であったといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

モスカ【Gaetano Mosca】
1858‐1941
イタリアの政治学者。シチリアに生まれる。トリノ大学(1895‐1923)とローマ大学(1923‐31)で憲法学と政治学を講じた。1908年から10年間,下院議員として現実政治にもたずさわり,19年には終身上院議員となった。V.パレート,R.ミヘルスとともにエリート理論を展開したことで知られる。パレートのエリート論が心理的要素を重視したのに対して,モスカの理論は組織的要素を重視するものであった。モスカの主著《支配する階級》(1936。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

モスカ
もすか
Gaetano Mosca
(1858―1941)
イタリアの政治学者。シチリア島生まれ。パレルモ大学卒業。トリノ、ミラノ、ローマの各大学で憲法学、政治学を教授したが、他面、1909年には下院議員に、1919年には上院議員になるなど、政治家としても活躍した。彼の政治理論はその折衷主義的性格や深い理論構成の欠如から批判されるところではあるが、イタリアにおける政治学の社会学的伝統の開花は、彼に負うものである。彼は、政治の中枢を政治的諸階級の編成に求め、多様な制度や政治行動における「不動の、確実な事実」として、「どのような時代においても、また、どのような場所においても、政治的諸機能は特定の階級にゆだねられる」ということを明らかにした。特定の階級=支配階級の社会学的構成は、歴史的発展の水準に応じて、軍事的価値、財産、個人的功績などにより多様に決定されるとした。主著として『政治学の諸要素』Elementi di scienza politica(1896)、『近代民主主義における政党の社会学』La sociologia del partito politico nella democrazia moderna(1912)、『古代都市国家と近代代議制国家』Lo Stato-citt antico e lo Stato rappresentativo moderno(1924)、『政治理論史』Storia delle dottrine politiche(1933)などがある。[村上義和]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

モスカ
生年月日:1858年4月1日
イタリアの政治学者
1941年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モスカ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モスカの関連情報

関連キーワード

ケクレインド大反乱安政の大獄徳川家定開国(日本史)徳川家茂快楽亭ブラックノルドクビストビュルゲルペリー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.