Rakuten infoseek

辞書

メルケル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メルケル
Merkel, Garlieb Danielovich
[生]1769.11.1. レドゥールガ
[没]1850.5.9. カトラカルンス
ロシア,ラトビアの作家,ジャーナリスト。ドイツのワイマールに学び,J.ヘルダーと親交をもった。のちベルリンにおいて著作活動に入り,A.コッツェブと共同してゲーテ,シラーらドイツ・ロマン主義者に対して論陣を張った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メルケル
Merkel, Angela Dorothea
[生]1954.7.17. ハンブルク
ドイツの政治家。ドイツ連邦共和国 (西ドイツ) に生まれ,ルター派教会牧師である父親の赴任先のドイツ民主共和国 (東ドイツ) で育った。 1978年カルル・マルクス大学卒業後,研究機関に勤め,1986年物理学で博士号を取得。 1989年の共産党政権崩壊後,市民政党のメンバーとなる。 1990年東ドイツ最後のデメジエール政権の副報道官に抜擢され,同年 10月の東西ドイツ統一前にヘルムート・コール首相率いるキリスト教民主同盟 CDU入党,12月連邦議会議員となる。 1991~94年女性・青少年問題大臣,1994~98年環境大臣を歴任。 2000年 CDU党首に就任。 2005年の総選挙でキリスト教民主・社会同盟 CDU・CSUと社会民主党 SPDによる大連立政権が発足,メルケルはドイツ初の女性首相,初の東ドイツ育ちの首相として就任した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

メルケル
ドイツの政治家で、第8代首相(2005年~)。フルネームはアンゲラ・ドロテア・メルケル。
1954年7月17日、旧西ドイツのハンブルク生まれ。プロテスタントの聖職者であった父の赴任に伴い、生後間もなく旧東ドイツのベルリンに移った。大学では物理学専攻し、研究者として働くが、89年のベルリンの壁崩壊以来、政治活動に身を投じ、中道右派の保守政党キリスト教民主同盟(CDU)に入党。90年の東西ドイツ統一後最初の連邦議会選挙で初当選。以降、閣僚などを歴任した。
2005年、CDUは、シュレーダー首相率いる中道左派政党ドイツ社会民主党(SPD)を僅差(きんさ)で破った。この結果、CDUとその姉妹政党キリスト教社会同盟(CSU)、SPDが大連立を組み、CDUのメルケル党首がドイツ連邦共和国の首相に就任した。ドイツでは歴代最年少かつ初の女性首相。国民への政策の説明にインターネットのビデオ・ポッドキャストを利用していることで話題になる。また着任以来、例年のようにアメリカの経済誌「フォーブス」の番付で、世界で最も力のある女性に選ばれている。
2009年の総選挙ではCDUとCSUが勝利し、SPDとの大連立を解消して、首相2期目を務めている。なお、ドイツ語では名詞に性があるため、連邦首相Bundeskanzlerの女性形としてBundeskanzlerinと表している。
高い支持率を誇る同政権だが、10年のギリシャ財政危機などに際しては多額の財政支援をドイツが負うことになったため、支持率が30%を割り込んだ。その後、欧州連合(EU)各国の財政規律の強化を主導し、更なる公的資金投入に抵抗していることなど評価され、12年には09年以来の高支持率を得ている。また、CDUは原子力発電の稼働期間延長を目指していたが、福島第一原子力発電所事故による安全性危惧の声の高まりなどによって、速やかな原発廃止へとエネルギー政策を転換した。
(金谷俊秀  ライター / 2012年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

メルケル(Angela Merkel)
[1954~ ]ドイツの政治家。西ドイツのハンブルクに生まれ、直後に東ドイツに移住。ライプチヒ大学で物理学を専攻。1989年のベルリンの壁崩壊前後から民主化運動に参加。1990年キリスト教民主同盟(CDU)入党。コール首相のもと女性担当相・環境相を歴任。1998年総選挙で野党に転じたCDU幹事長に就任。2005年9月の総選挙で第一党となり社会民主党(SPD)との連立政権の首相に選ばれた。女性初、旧東独出身初の首相。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

メルケル
めるける
Angela Merkel
(1954― )
ドイツ連邦共和国の第8代首相。同国で初の女性首相であり、初の旧東ドイツ出身の首相でもある。
 西ドイツのハンブルクで生まれるが、生後約2か月でプロテスタントの牧師である父に連れられ、東ドイツへ移住。カール・マルクス大学ライプツィヒ(現、ライプツィヒ大学)に入学し、社会主義統一党(SED)の青年組織である自由ドイツ青年団(FDJ:Freie Deutsche Jugend)に加入する。1977年、ウルリヒ・メルケルUlrich Merkelと結婚。のちウルリヒとは離婚するが、ヨアヒム・ザウアーJoachim Sauer(1949― )と再婚した後もメルケル姓を名のり続ける。1978年からベルリンの科学アカデミー物理化学中央研究所に勤務。1986年に物理学で博士号を取得している。
 1989年、ベルリンの壁崩壊後、市民運動組織「民主的出発(DA:Demokratischer Aufbruch)」に参加。東ドイツのデメジエールLothar de Maizire(1940― )政権の副報道官を務める。1990年12月、統一ドイツ最初の連邦議会選挙で、キリスト教民主同盟(CDU)の候補として当選。1991年1月、ヘルムート・コールの抜擢(ばってき)により、第四次コール政権の女性・青少年問題担当相となる。同年12月にCDU副党首、1993年にメクレンブルク・フォアポンメルン州の党支部代表。1994年、第五次コール政権で環境・自然保護・原子力安全相。1998年、CDU党幹事長。1999年末、前年に首相を辞任したコールの不正献金スキャンダルが発覚した際、コールを公然と批判し、2000年4月、党員の支持を背景にCDUで初の女性党首に就任した。2002年、CDU/CSU(キリスト教社会同盟)の連邦議会議員団長。
 2005年11月、連邦首相に就任し、第一次メルケル政権(社会民主党(SPD)との大連立)が発足。51歳での首相就任は歴代最年少であった。その後、好調なドイツ経済と自らの人気を背景に、2009年、2013年と連邦議会選挙に勝利、第二次メルケル政権(CDU/CSUと自由民主党(FDP)の連立)、第三次メルケル政権(CDU/CSUとSPDの大連立)を指導した。
 メルケルの政治スタイルは、良くいえば柔軟、悪くいえば日和見(ひよりみ)的である。自ら主義主張を唱えたり立場を固定したりすることはまれで、世論の動向を注視しながら、可能なら他党の政策でも取り込むことをいとわない。たとえばその柔軟性は、2011年の福島第一原発事故とそれに対する世論の反応を受け、それまでの自らの原発稼働延長路線を翻し、2022年までの原発廃棄を決定したことに表れている。また、社会民主主義的でリベラルな政策も積極的に取り込み、最低賃金制度の導入や同性婚の合法化などを進めた。外交的にはユーロ危機やウクライナ危機など相次ぐ危機対応に追われたが、そのなかでヨーロッパの実質的なリーダーとして存在感を高めた。
 また、2015年9月、シリア難民らを受け入れるために国境開放を決断するなど、人道主義的な側面もみせた。ただし、この寛容な難民受け入れ政策は国内外でさまざまな議論を巻き起こした。2017年9月の第19回連邦議会選挙ではCDU/CSUが第一党を維持したものの、二大政党の得票が下落し、右翼ポピュリズム政党の「ドイツのための選択肢(AfD)」の議席獲得を許し、連立交渉も難航。結局2018年3月、選挙から約5か月を経てSPDとの大連立が成立し、第四次メルケル政権が発足した。[板橋拓己]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

メルケル
生年月日:1836年1月11日
ドイツの刑法学者
1896年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メルケル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メルケルの関連情報

関連キーワード

ヘルダーナポレオン[1世]オールドタウンクレメンス13世クレメンス14世馬鹿面有珠山アークライト青木昆陽安宅松

他サービスで検索

「メルケル」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.