Rakuten infoseek

辞書

メラウケ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メラウケ
Merauke
インドネシアニューギニア島西部,パプア州の南東部にある港町。インドネシアの東端に位置し,インドネシアの全域を示すときに「サバンからメラウケまで」といわれる。メラウケ川河口東岸にあり,アラフラ海に臨む。オランダ領時代には行政の一中心。小商業都市で,ジャワ族,中国人などが居住。周辺ではパプア諸族によるサゴデンプン(→サゴヤシ),コプラ採集,加工と,マレー人による稲作が行なわれる。人口約 2万。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

メラウケ(Merauke)
インドネシア東端、イリアンジャヤニューギニア島西部)南岸の港町。アラフラ海に面する。周辺にはディグル川河口部の大湿原が広がる。付近にモパ空港がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

メラウケ
めらうけ
Merauke
インドネシア、西イリアン(ニューギニア島西部)南部の港町。ディグル川のつくる大湿原の南岸に位置し、アラフラ海に臨む。人口約2000。パプア・ニューギニアとの国境に近い。大湿原はほとんど未開発であるが、この付近だけはやや開かれて米、コプラなどの栽培が行われている。住民はパプア系。地方空港がある。[別技篤彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メラウケ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メラウケの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.