Rakuten infoseek

辞書

メドゥサ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メドゥサ
Medusa
ギリシア神話の女怪。海ポントスの息子フォルキュスが姉妹ケトと結婚してもうけた3姉妹のゴルゴたちの1人。3人のなかで彼女だけが不死でなかったため,もとは人間の美女であったが,美しい髪の毛を自慢しすぎたため,アテナの神罰によりへびの髪をもち見た者を石化させる恐ろしい容貌のゴルゴに変えられたとする伝承もある。ペルセウスによって首を斬られて殺されたが,このとき,ポセイドンの種によって妊娠していた彼女の傷口から,クリュサオルと有翼の神馬ペガソスが出生した。彼女の頭は,ペルセウスによってアテナ女神に献上され,その聖楯アイギスの中央に取付けられたという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

メドゥサ(Medūsa)
ギリシャ神話で、三人姉妹の怪物ゴルゴンの一人。頭髪となっていて、目は人を石に化す力があったが、姉妹の中で一人不死でなかったため、ペルセウスに首を切られた。メズサ。メデューサ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

メドゥサ
めどぅさ
Medusa
ギリシア神話の女怪。海の神フォルキスとケトの娘であるゴルゴン(3人)のうちの1人。猪(いのしし)の牙(きば)と青銅の手、黄金の翼(つばさ)をもち、頭には髪のかわりに蛇が生えるという醜怪な容貌(ようぼう)で、これを一目見た者は石と化した。英雄ペルセウスはメドゥサを見ないようにするため、磨いた盾にその姿を写しながら近づいて、彼女の首をはねた。このとき、彼女はポセイドンの胤(たね)を宿していたので、切られた首のところからクリサオルと天馬ペガソスが生まれた。
 医神アスクレピオスは、彼女の左の血管から流れた血で人間を殺し、右の血管の血で死者を蘇生させたし、リビア砂漠に落ちた血の滴りは毒蛇に変じた。メドゥサの首は女神アテネの盾にはめ込まれた。本来メドゥサは大地女神で、ゴルゴンは魔除(よ)けの護符であったのが、やがてゴルゴンとしてのメドゥサになったらしい。[中務哲郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メドゥサ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メドゥサの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.