Rakuten infoseek

辞書

メトキシナフタレン

化学辞典 第2版

メトキシナフタレン
メトキシナフタレン
methoxynaphthalene

methyl napththyl ether.C11H10O(158.20).【】1-メトキシナフタレン:1-ナフトールのメタノール溶液に水酸化カリウムとヨードメタンを作用させるか,カリウムナフトキシドとクロロメタンを加熱すると得られる.無色の液体.融点5.5 ℃,沸点271 ℃.1.097.1.6221.水に不溶,有機溶媒に可溶.花様香気を有し,水蒸気蒸留される.λmax 232,237,249,255,259,262,281,293,305,319 nm(log ε 4.54,4.49,3.18,3.32,3.26,3.40,3.75,3.75,3.59,3.40).[CAS 2216-69-5]【】2-メトキシナフタレン:ネロリン(neloline)ともいう.2-ナフトールの水酸化ナトリウム溶液に硫酸ジメチルまたはヨードメタンを作用させると得られる.白色の板状晶.融点73~74 ℃,沸点274 ℃,138 ℃(1.3 kPa).水に不溶,メタノール,エタノールに微溶,ほかの有機溶媒に易溶.アカシア,オレンジ花に似た甘い香気をもつ合成香料.λmax 227,261,271,281,313,328 nm(log ε 4.85,3.60,3.65,3.48,3.18,3.30).香料(ネロリン,ヤラヤラ)として,せっけん,洗剤,化粧品などに広く用いられている.LD50 > 5000 mg/kg(ラット,経口).[CAS 93-04-9]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メトキシナフタレン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メトキシナフタレンの関連情報

関連キーワード

しきい値励起スペクトル6-デオキシ-3-C-メチルヘキソース閾値規則閾(しきい)値規則しきい値則植物ホルモン作用攪乱型除草剤巨赤芽球性貧血メタクリル酸メチルイーサビュートリッヒ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.