Rakuten infoseek

辞書

メチル

デジタル大辞泉

メチル(〈ドイツ〉Methyl)
アルキル基の一。CH3-で表される一価メチル基Me

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

メチル【methyl】
メタンCH4から水素1原子を除いて得られる最も簡単な1価のアルキル基CH3-。Meと略記することも多い。たとえばメチルアルコールCH3OHはMeOHとなる。【竹内 敬人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

メチル【Methyl】
最も簡単なアルキル基。CH3 の構造をもつ。メチル基。
メチルアルコールの略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

メチル
〘名〙 (Methyl)⸨メチール⸩
① =メチルき(━基)〔舶来語便覧(1912)〕
② 「メチルアルコール」の略。
※水甕(1947)〈豊島与志雄〉「メチールの危険の少ない馴染みの飲屋で」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

メチル
メチル
methyl

】CH3-基をいう.もっとも簡単なアルキル基で,Me-と略されることもある.【】メチルラジカルをいう.アセトンの光分解やメタンの熱分解でつくることができる.メチルラジカルは正三角形の平面をなし,C-H結合の長さは0.108 nm である.非常に反応性が高く,Hを含む化合物からHを引き抜いてメタンになる.また,メチルラジカルどうしは再結合してエタンになる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メチル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メチルの関連情報

関連キーワード

誘導分解ケトン強塩基ヘキサンアルカンカルボン酸セランプルンバン巨赤芽球性貧血スタンナン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.