Rakuten infoseek

辞書

メゾチント

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メゾチント
mezzotinto
版画技法一種。 1640年頃オランダ人 L.ファン・ジーゲンが考案し,17~18世紀特にイギリスで発達した技法。まず銅板全面鋸歯状の多数のをもつロッカーと呼ばれる道具を用い無数の点でくまなくぎざぎざに傷つけ,印刷したとき真黒になるような素地をつくる。次にスクレーパーとバニッシャーと呼ばれる道具でぎざぎざをつぶして明部を出し,黒色から白色までの諧調をつくる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

メゾチント(〈イタリア〉mezzotinto)
銅版の全面に細かく交差する線をあらかじめ刻み込み、その線をつぶしたり、削ったりして明暗をつける、銅版画の技法。筋彫り銅版

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めぞちんと【メゾチント】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

メゾチント【mezzotint】
銅版画技法の一。銅版全面に目立てを施し、それを削ったりつぶしたりして、黒から白までの微妙な階調を得るもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

メゾチント
〘名〙 (mezzotinto 「中間調」の意)⸨メゾティント⸩ 銅版画の技法の一つ。銅板の全面にあらかじめ細かく交差する線を刻み込んでおき、その線をつぶしたり削ったりして明部を出していく方法。明暗の微妙な階調がつき、中間調を表現できるのが特色。〔外来語辞典(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

メゾチント
めぞちんと

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メゾチント」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メゾチントの関連情報

関連キーワード

キリシタンピューリタン革命ブラガンサ朝長期議会ピューリタン革命ラ・トゥールパチェコエキュジョアン[4世]ブラガンサ朝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.