Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

メサビ山地【メサビさんち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メサビ山地
メサビさんち
Mesabi Range
アメリカ合衆国,ミネソタ州北東部の山地。東はバビットから南西グランドラピッズまで 180kmに及び,東のバーミリオン山地を含むミネソタの大鉄鉱山地である。山地全体の標高は 60~150mで,最高点でも 610mにすぎない。鉄鉱床北東から南西にかけて長さ約 20km,幅 5km,地表下 60~300mにある。地質先カンブリア時代のチャート(ケイ岩),砂岩礫岩,粘板岩,花崗岩などからなり,これらの中に 3層の緩傾斜鉄鉱層がある。赤鉄鉱を主体とし,磁鉄鉱褐鉄鉱を伴う。かつては良質の赤鉄鉱が採掘され,最盛期には年産 6000万t以上あったが,1950年代に掘りつくされ,今日では品位 50~60%Feの磁性の強いタコナイト鉱(含鉄チャート)が採掘されている。鉱山の中心町はヒビングバージニアである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

メサビ‐さんち【メサビ山地】
Mesabi Range》⇒メサビ鉄山

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

メサビさんち【メサビ山地 Mesabi Range】
アメリカ合衆国ミネソタ州北東部の丘陵。スペリオル湖西岸,東西方向に約180kmにわたって延び,合衆国第1の鉄鉱石産地として知られる。1892年以来,厚さ150mにおよぶ水平層の鉱脈の大規模な露天掘りが進められ,五大湖水運により移出される。高品位の赤鉄鉱は枯渇したが,現在では低品位のタコナイトの開発が進んでいる。中心都市はヒビングとバージニア。【矢ヶ崎 典隆】
鉱床
 先カンブリア時代の岩石中にある縞状鉄鉱層の一つで,スペリオル湖型鉄鉱床と呼ばれるものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

メサビ山地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メサビ山地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.