Rakuten infoseek

辞書

メコン川デルタ【メコンがわデルタ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メコン川デルタ
メコンがわデルタ
Mekong Delta
ベトナムではクーロン川デルタ Chau Tho Cuu Long Giangという。メコン川の沖積作用により形成された広大なデルタで,ベトナム南部を中心にカンボジアにかけて広がる。総面積約6万 km2。デルタはきわめて低平で,河口から約 80km上流のカントーで標高 1m,カンボジア国境近くのチャウドクでも 3mにすぎない。このため雨季増水は著しいが,この増水を巧みに利用して稲作が行われる。栽培方法は水位の高さに応じて異なり,河口に近い地域では雨季1回移植栽培が,ロンスエンを中心とするカンボジア国境寄りのドンタプムオイと呼ばれる湿地帯では浮稲栽培が,そしてカントーを中心とするその中間の地帯では2回移植栽培が行われている。二期作はロンアン省にみられるが,ここはむしろドンナイ川デルタに属するとみなされるので,メコン川デルタでは二期作はないと考えられる。デルタにはメコン川本流およびそれから分岐した分流を結ぶ運河縦横に走り,物資の運搬や交通の便はきわめてよい。これらの川や運河はまた淡水魚の宝庫で,漁業は農業に次ぐ重要な産業となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メコン川デルタ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メコン川デルタの関連情報

関連キーワード

トゥアンチャウ島ファンボイチャウ記念館ファン・チュ・チン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.