Rakuten infoseek

辞書

メキシコ革命【メキシコかくめい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メキシコ革命
メキシコかくめい
Revolución Mexicana; Mexican Revolution
狭義には,30年余に及んだ P.ディアス独裁体制の打倒を目指した F.マデロ蜂起から,『1917年憲法』が制定されるまでのメキシコで起ったブルジョア民主革命。また広義には,その後同憲法に基づく諸改革が実施され,政治体制の確立,農地改革の実行などをみた L.カルデナス大統領時代までをさす。 1877~1911年の間続いたディアス独裁時代には,外国資本の導入による近代化が目指され安定と繁栄が達成された。その反面国内の半植民地的社会経済構造が助長され,20世紀に入ると社会の矛盾が顕著となって,農民の反乱,労働者のストライキ,急進派知識人による武装闘争が発生した。 1910年の大統領選挙で政治の民主化を要求したマデロ派が「再選反対と公正な選挙の実施」をスローガンに全国的な反ディアス運動を展開した。しかし政府の妨害とディアス7選の実現により,マデロの運動はディアス独裁打倒を目指す武装蜂起へと転じ,翌 11年5月ディアスを追放。 10月マデロは大統領に選出されるが,13年2月 V.ウエルタ将軍のクーデターで失脚,暗殺された。これに対し V.カランサを中心とする護憲派がウエルタを追放した。護憲派はカランサ=オブレゴン派とビヤ=サパタ派に分裂して 14年秋内戦に入った。この内戦を通じて農地改革および社会改革の綱領を提示したカランサ派は労働者の支持を得て全国制覇へ乗出し,15年末にはアメリカ合衆国をはじめ諸外国から承認された。 16年 11月~17年1月に審議され,2月5日に公布された憲法は独立以降の懸案であった政教分離,教会資産の国有化,「水・土地・地下資源」に対する国家の根源的所有権,進歩的な労働者の権利の保障を盛込んだ革命憲法であった。この結果 26~29年には教会の復権を求めるカトリック教会の自発的聖務停止と熱狂的なカトリック教徒による武装蜂起が発生した (→クリステロの反乱 ) 。またメキシコに莫大な利権をもつアメリカ合衆国との関係はしばしば危機に直面したが,メキシコは 1930年代に外国資本が独占する石油の国有化をなしとげた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

メキシコ‐かくめい【メキシコ革命】
20世紀初頭、メキシコで起きた革命。1910年、F=I=マデロ指導された自由主義者が、政治の民主化、農地改革、外国資本による経済支配からの脱却などをめざして蜂起。翌1911年にディアス独裁政権を打倒。内戦を経て、1917年に民主的民族的な新憲法が成立した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

メキシコかくめい【メキシコ革命】
半植民地的社会経済構造の変革を目ざして,20世紀前半にメキシコで起こった民族主義的社会革命。狭義には35年間に及んだディアス独裁体制(1877‐1911)の打倒を目ざした1910年11月20日のマデロによる武装蜂起に始まり,革命憲法が制定された17年に終結したとされる。より広義には民主的政治体制の確立,農地改革の実施など革命目標が実現されたカルデナス政権(1934‐40)の終了をもって革命は終結したとされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

メキシコかくめい【メキシコ革命】
ディアス独裁政権の打倒と外国資本による経済支配の脱却をめざしたメキシコの革命。1910年のマデロの反乱により開始、17年に民主的憲法が制定された。また、40年までの改革を含める場合もある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

メキシコ革命
めきしこかくめい
La Revolucin Mexicana
1910~20年に起きたメキシコの民族主義革命。外国資本と大地主階級の利益を代弁するディアス独裁(1876~1911)を打倒して民主政治を回復し、あわせて従属的・非民主的社会経済構造の変革を目ざした。1900年ごろから中産階級知識人による民主化運動が強まり、とくに05年以後は彼らによる武装闘争と、その影響を受けた流血ストが続いた。10年秋、ディアス再選に反対してアメリカに亡命していたマデロが武装闘争を宣言、北部貧農出身のビリャや南部農民出身のサパタなどの協力を得て、翌11年5月ディアス打倒に成功した。しかし、メキシコ有数の大地主=民族資本家の一族であったマデロは、社会経済改革、とりわけ土地改革に消極的な姿勢を示したため、同年11月サパタは徹底した土地改革を要求するアヤラ・プランを発表してマデロ政府に離反した。このような革命勢力の分裂を利用して、13年2月ウエルタ将軍が反革命クーデターに成功しマデロは虐殺された。これに対し北東部の大地主カランサが革命再開を宣言、北西部の富農オブレゴンや北中部のビリャの軍も加わった立憲革命軍を率いて南下し、南からはサパタ派も圧力を加えた。さらに反革命クーデターを非難するアメリカの新大統領ウィルソンの介入もあって、14年7月ウエルタは亡命した。
 しかし、革命派は上流階級や中産階級を代表するカランサ‐オブレゴン派と、下層農民を代表するビリャ‐サパタ派に分裂し、三たび内戦となった。初めは後者が優勢だったが、オブレゴンは保守的なカランサを説得して土地改革や労働者の地位改善を約束し農民や労働者を味方につけ、1915年春から反撃を開始、同年4~5月にはビリャ軍に大勝した。17年2月に制定された新憲法には、土地、水、地下資源などは本来、国家、国民に所属すべきこと、公共の利益のために私的所有権は制限されうること、農地改革を推進すべきことなどが詳細に記され、外国資本所有の石油、鉱山、鉄道などの国有化にも道を開いた。労働者の諸権利が列挙され労使問題に国家が介入すべきことも明記された。新憲法に基づいて選ばれたカランサ大統領は改革には消極的で、労働運動を抑圧し、サパタを暗殺するなど農民軍への弾圧も続けた。20年オブレゴンが権力を獲得し、サパタ派やビリャ派との和平が成立し、10年に及ぶ内戦は終わったが、根本的改革は30年代後半を待たねばならなかった。[野田 隆]
『増田義郎著『メキシコ革命』(中公新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

メキシコ‐かくめい【メキシコ革命】
大土地所有制と外国資本を基盤とする軍事独裁政権を打倒したメキシコの革命(一九一〇‐一七)。ラテン‐アメリカ最初の本格的反帝民主主義革命。自由主義者マデロの指導でディアス独裁政権を打倒したが、反革命クーデター・内戦の末、民主的・民族主義的な一七年憲法が制定された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メキシコ革命」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メキシコ革命の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.