Rakuten infoseek

辞書

メガステネス

世界大百科事典 第2版

メガステネス【Megasthenēs】
インドを訪れ,見聞記《インド誌Indika》を著したギリシア人。生没年は不明。前304年ごろ,アレクサンドロスの帝国の東方領を継承したシリア王セレウコスと,マウリヤ朝の創始者チャンドラグプタとの間に講和が結ばれ,両国は使節を交換することになった。このときメガステネスは,セレウコス朝によって首都パータリプトラのチャンドラグプタの宮廷に派遣された。彼はかなり長期間インドに滞在し,帰国後に《インド誌》を書いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

メガステネス
めがすてねす
Megasthens
(前350ころ―前290)
古代インドの地誌・風俗等の情報を西方に伝えたギリシア人。ヘレニズム時代のシリア王国とインドのマウリヤ王朝との間に修好がなり(前302)、前者の王セレウコス1世に遣わされてしばしば後者のサンドラコットス(チャンドラグプタに比定)の宮廷を訪れ、都パータリプトラやそこへの往還での見聞を『インド誌』(4巻)に著した。その書は隠滅して今日に伝わらないが、ローマ時代の地誌記述家ストラボンや史伝作家アリアヌスの著書の典拠となり、長らく西方世界のインドへの知識の源泉であった。[金澤良樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メガステネス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メガステネスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.