Rakuten infoseek

辞書

ムロアジ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ムロアジ
Decapterus muroadsi
スズキ目アジ科の海水魚全長 40cm内外。体はあまり扁せず,円筒形に近い。楯鱗は体後方側線の直走部にある。背面暗青色,腹面は銀白色。体側中央に赤褐色の縦走する帯があるが,死後変する。本州中部以南,東シナ海に分布する。夏季に特に美味で,重要食用魚。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ムロアジ
 アジといわれる海産魚のうちの,一つのグループの名称をいう.モロ(slender mackerel)[Decapterus macrosoma],クサヤモロ(blue mackerel)[D. macarellus],ムロアジ(アカゼ)(brownstriped mackerel)[D. muroadsi],オアカムロ(redtail scad)[D. tabl],などをいうが,アカゼをいうことが多い.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ムロアジ
むろあじ / 室鰺
[学]Decapterus muroadsi
硬骨魚綱スズキ目アジ科に属する海水魚。本州中部以南、東シナ海に分布する。体はほとんど側扁(そくへん)せずに丸みを帯びる。臀(しり)びれの前方に2本の遊離棘(きょく)があり、背びれと臀びれの後方にはそれぞれ1個の小離(はなれ)びれがある。側線の前半はわずかに湾曲するが、後半は直走し、直走部の大部分は稜鱗(りょうりん)(ぜんご)で覆われる。体の背面は暗青色、腹面は銀白色。体側中央には幅広い一赤褐色縦帯があるが、死後は黄変する。全長40センチメートルに達する。暖流の影響の強い南日本に多い。産卵期は5、6月。肉質は脂質が少なく、鮮魚としては肉の締まりがよくないので喜ばれないが、塩乾品にすると肉に弾性が生ずるようになる。近縁種のクサヤモロD. macrosomaとともに「くさや」の干物にするほか、ひと塩の生干(なまぼ)しなどにもする。[鈴木 清]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムロアジ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ムロアジの関連情報

関連キーワード

アイアイオマキザル長門・陸奥メヌケワスレナグサ(勿忘草)オオミヤシ出世魚タガヤサンドジョウツナギ回虫

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.