Rakuten infoseek

辞書

ムツゴロウ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ムツゴロウ
Boleophthalmus pectinirostris
スズキ目ハゼ科の魚。食用全長 20cm内外。暗緑色地色にコバルト色の斑点をもつ。体は側扁し,頭の背方に両眼が相接してついており,トビハゼを思わせる。第1背棘条は軟らかく,先端が糸状に伸びている。左右の腹鰭吸盤を形づくっている。また胸鰭の筋肉はよく発達しており,自由に鰭を動かして歩行することができる。泥底の干潟すみ,泥中に深い穴をつくり,危険が迫ると穴中に逃げ込む。長時間水から出て行動することができる。九州の有明海朝鮮,中国,ミャンマーに分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ムツゴロウ
むつごろう / 五郎
bluespotted mud hopper
[学]Boleophthalmus pectinirostris
硬骨魚綱スズキ目ハゼ科に属する水陸両生魚。陸上生活に適応して、両眼は頭頂部に突出し、陸上で遠視がきく。皮膚は厚いが皮膚呼吸ができる。胸びれが発達し、それを用いて干潟の泥上をはい回る。体色は青みを帯び、淡色の小点が散在。全長23センチメートルに達する。日本、朝鮮半島、中国、台湾などに分布。日本では有明(ありあけ)海と八代(やつしろ)海の一部のみに産する。河口域の軟泥中に巣孔(すあな)をつくってすむ。干潮時に巣孔の入口付近の泥面に付着する藻類を上顎歯(じょうがくし)で剥(は)ぎ取って食べる。有明海での産卵期は5、6月で、巣孔の中に卵を産み付ける。仔魚(しぎょ)は河口域で1か月半ほど浮遊生活を送り、2センチメートル未満の若魚に成長したのち、単独で両生生活へ入る。春から秋に活動し、冬には巣孔の中で休止する。生後2年で成熟し、寿命は7、8年に及ぶ。有明海ではムツとよばれ、各種の漁具でとられて食用とされている。台湾では天然種苗を用いて養殖が行われている。[道津喜衛]

料理

肉は柔らかく、脂肪も比較的多い。代表的な料理は蒲(かば)焼きで、佐賀県の郷土料理の一つにもなっている。ムツゴロウは生きたまま蒲焼きにする。口から串(くし)を刺して素焼きにし、しょうゆ、みりん、酒、砂糖をあわせたたれを2、3回つけながら焼き上げる。焼きたてを食べるのが最高だが、土産(みやげ)物として蒲焼きの缶詰も売られている。このほか、刺身、みそ汁、鍋(なべ)物にも用いられ、乾燥したものはうどんなどのだしとしても使われる。[河野友美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムツゴロウ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ムツゴロウの関連情報

関連キーワード

遊動円木最上型重巡洋艦オカトラノオ海氷コバイケイソウシロチョウガイダイアンサスハダカイワシマベガイモンステラ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.