Rakuten infoseek

辞書

ムチン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ムチン
mucin
粘液素,粘素ともいう。糖蛋白質一種粘膜から分泌される粘液主成分で,密度の濃い粘りけをもち,粘膜を潤し,摩擦を防いだり,細菌が侵入するのを防護する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ムチン(mucin)
動物の上皮細胞粘膜唾液腺などが産生する粘性物質の総称糖たんぱく質の一種で、アミノ酸がつながったポリペプチド鎖糖鎖が枝状に結合した構造をもつ。
[補説]オクラ山芋などに含まれるぬめり成分もムチンと呼ばれることがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ムチン
 ムコイドともいう.外分泌腺から分泌される粘性物質.唾液胃液,腸液などから分泌される.糖タンパク質が主な成分.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

むちん【ムチン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ムチン
むちん
Muzinドイツ語
mucin英語
粘液性物質。粘液(ラテン語mucus)に由来する。ハマースタインO. Hammersteinは希無機酸によって沈殿し、過剰の酸の添加で溶解しない動物性粘性タンパク質をムチンとよんだ(1882)。今日の分類によれば、動物の上皮性細胞、粘膜、唾液(だえき)腺などが生産する粘液性物質の総称で、種々のプロテオグリカン(ムコ多糖タンパク質)と糖タンパク質の混合物である。ムチンという語は、特定の粘液性物質、たとえば、顎下腺(がくかせん)ムチン、腸液ムチンなどの名称として用いられている。共通な構造として、糖タンパク質の糖鎖とタンパク質との結合様式が、糖鎖部分のN-アセチルガラクトサミンとタンパク質部分のセリンあるいはトレオニン(スレオニン)がO-グリコシド結合で結合している。そのため、このような結合様式をもつ糖タンパク質をムチン型糖タンパク質とよぶことがある。[徳久幸子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムチン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ムチンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.