Rakuten infoseek

辞書

ミンネジンガー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ミンネジンガー
Minnesinger
12~14世紀のドイツの抒情詩人,音楽家。多くは騎士,貴族階級の出身であるが,のちには市民階級の詩人も登場した。彼らは詩人であると同時に作曲家でもあり,自作を奏し歌う歌手でもあった。フランスのトルバドゥールの歌を手本とし,名の由来である「ミンネ (愛) 」 Minneを多く歌った。トルバドゥールの「ミンネ」に比べ,抽象的で宗教的色彩が強く,音楽も教会旋法で書かれ,バール形式が多かった。初期のキューレンベルガーからディートマル・フォン・アイスト,ラインマール・フォン・ハーゲナウ,最盛期のワルター・フォン・デル・フォーゲルワイデ,ハインリヒ・フォン・モールンゲン,ナイトハルト・フォン・ロイエンタールらが有名。詩集は 14世紀前半に書かれたハイデルベルク大学図書館所蔵のものが知られている。 (→ミンネザング )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みんねじんがー【ミンネジンガー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

ミンネジンガー
Minnesinger
中世ドイツで,ミンネザング(叙情詩)を歌った吟遊 (ぎんゆう) 詩人
主として各地の宮廷をめぐり,騎士の恋愛(ミンネ)が主題の詩に曲をつけて歌った。中世文学の代表である騎士道物語の普及は,彼らの活動によるところが大きい。なお,南フランスにおける同様な吟遊詩人トゥルバドゥールの名称で呼ばれた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ミンネジンガー(〈ドイツ〉Minnesinger)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミンネジンガー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ミンネジンガーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.