Rakuten infoseek

辞書

ミリアム アリー

20世紀西洋人名事典

ミリアム アリー
Myriam Harry


1875 - 1956
女流小説家。
エルサレム生まれ。
父親が海外伝導師だったため、エルサレムに生まれパレスチナで育った。「デルサレム征服」(’04年)でフェミナ賞を受け、その後印象主義的な作品を発表した。「神の歌」(’12年)、「エルサレムの娘」(’14年)、自伝「シオナ」(3部作)などがある。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミリアム アリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ミリアム アリーの関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎[各個指定]工芸技術部門中平康野村芳太郎マキノ雅広川島雄三フランス共和国憲法市川崑コーマン

他サービスで検索

「ミリアム アリー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.