Rakuten infoseek

辞書

ミヤギノハギ

世界大百科事典 第2版

みやぎのはぎ【ミヤギノハギ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ミヤギノハギ
みやぎのはぎ / 宮城野萩
[学]Lespedeza thunbergii (DC.) Nakai
マメ科の落葉低木。開花時に枝は湾曲してしだれ、先端は地面を擦るようになる。花序は長さ約15センチメートルになり、十数個の濃紅紫色花を開く。花冠は蝶(ちょう)形で長さ約1.5センチメートル、ハギ属中最大である。一般にハギと称される種の一つで、庭園などに広く栽培される栽培植物である。本州北部と中部の日本海側の山野には、本種と非常に近いケハギが野生する。ケハギは茎や花序に立毛があるものが多く、また枝が直立または斜上するものもある。ケハギの白色花のものをユキハギという。[秋山 忍]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミヤギノハギ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ミヤギノハギの関連情報

他サービスで検索

「ミヤギノハギ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.