Rakuten infoseek

辞書

ミケーネ

デジタル大辞泉

ミケーネ(Mykēnai)
ギリシャ、ペロポネソス半島東部アルゴリス平野にある古代都市遺跡ミケーネ文明の中心だったが、ローマ時代に荒廃。1876年、シュリーマンにより発掘された。1999年、同じくシュリーマンが発掘したティリンスとともに世界遺産(文化遺産)に登録された。ミュケナイ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産情報

ミケーネ
紀元前1600〜1300年ごろ栄えたミケーネ文明の遺跡。ドイツの貿易商で考古学者のシュリーマンが、ミケーネ王アガメムノンがトロイ遠征後、妻と愛人に殺害されるというギリシア神話ホメロス叙事詩を信じて発掘した遺跡です。眺望の良い丘にある遺跡はアクロポリスの原型といえます。有名な「獅子の門」から入り、この遺跡の最上部に立つと、アルゴリス平野が一望でき、軍事拠点として重要な場所だったことがわかります。円形墳墓A、王室、アトレウスの墳墓などが有名で、いずれも巨大な切り石を用いた建築となっています。

出典:KNT近畿日本ツーリスト(株)

世界大百科事典 第2版

みけーね【ミケーネ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ミケーネ【Mycenae】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ミケーネ
みけーね
Myknai
ギリシアのペロポネソス半島東部、アルゴリス地方にある古代都市遺跡。1999年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。「ミケーネ」は日本の慣用表記で、正しくはミュケナイ、現代ギリシア語ではミキーネMiknaiと発音する。英語名マイシーニーMycenae。伝説上はペルセウスの創建。アルゴリス平野を一望のもとに収め、同時に南北交通路・要所を押さえる位置にあって紀元前17世紀末に著しく台頭し、ミケーネ文明(後期のエーゲ文明)の重要な中心の一つとなった。その繁栄ぶりは、シュリーマン発掘の王墓や近傍の墳墓の豊かな副葬品、王宮、城壁・城門にしのばれる。前12世紀初めに破壊されたあとは放棄されたが、前7世紀末にはミケーネ時代の王宮跡にアテネ神殿が建立され、旧城壁の補修もなされた。この新生国家ミケーネは、ペルシア戦争に際して前480年にはテルモピレーに、翌年にはプラタイアイに兵を送ったが、その直後アルゴスの反感を買って町が破壊された。前3世紀に一時復興したが、その後はふたたび寒村と化した。[馬場恵二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミケーネ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ミケーネの関連情報

他サービスで検索

「ミケーネ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.